私の日記その百四十   -   잡문 [雜文]/日本語

 

  今年もはや二月ぎて三月ったなんと月日れだろう二人住いでこれとった仕事のんびりごしているけどものごとく早春えてかい日差しをびようとったら春雨やむなくじこもりTVでもようとつけるとくだらないプロばかりで舌打しつつしてパソコン部屋

     昼食せてパソコン部屋ると、「毎月初無垢淨光大陀羅尼經いたらいつつノートを本棚からいてきてくれたのではっと姿勢して九回書いてやっとえたなんか大切ませた気分きくきながら時計るとすでに午後五時ぎている習慣とはろしいもので毎月初ったけばかないのだだけにめたのかものれが重要なこともせないのでいちいちしておかないと安心出来ない自分けないこの

    娘退院伯母げたのか昨日料理をあれこれってれたずっと食欲くてししかべずにいたが自分ったものはってとても美味しいのでしぶりに腹一杯食べて消化劑んだっけ料理腕前母親ってもにぴったり

 どうしたことか退院してからはけたように日常かばなくて戸惑昨日自分仕舞ったものが何処なのかせなくてなところをすありさまだいていた長生ではいという言葉実感苦笑する今日この

 

  

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記その百四十  (0) 2021.03.02
 私の日記その百三十九  (0) 2021.02.20
私の日記 その百三十八  (0) 2021.01.28
また届いた、日本小説10冊!  (0) 2021.01.24
新年を迎えて  (0) 2021.01.02
私の日記 その百三十七  (0) 2020.12.31

댓글을 달아 주세요