私の日記その百三十九   -   잡문 [雜文]/日本語

  肝炎入院して十日めに昨日退院した重患者室三日入院室一週間いたのだ

  歳だけにあちこちむのは仕方ないけれどこんな病気にかかるとは想像もしていなかっただけにすごくしかった長生きがではないとってたことをして自分をなだめたものだにいてずっとケアしてくれたのでしくも退屈でもなかったが。。。     

 血管注射されているのでされたきずってけばならず診察けたきたいはその裝備右手をとって病院内いた

 病院きかったので各層廊下める場所映画観覧コーナーなどがありありりの時間をゆっくり散歩する気分であちこちを見回上映する映画ながら時間すことが出来たのもいだ

 にだけ連絡をしたので早速美味しいものをって見舞いにてくれた心配してたそうだが患者えないそうでほっとしたとって兄二人姉妹だけったせいかまたうのではないかとったそうだ

 一日いとじていたがいつの十日ぎて昨日退院早速部屋いていた寝床ったさんざん苦労をかけたがったがする

 今日から平日のようにいてみよう元気そう

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記その百四十  (0) 2021.03.02
 私の日記その百三十九  (0) 2021.02.20
私の日記 その百三十八  (0) 2021.01.28
また届いた、日本小説10冊!  (0) 2021.01.24
新年を迎えて  (0) 2021.01.02
私の日記 その百三十七  (0) 2020.12.31

댓글을 달아 주세요