新年を迎えて   -   잡문 [雜文]/日本語

 二人きりでまたたなえた何年目だろう息子四人しく

正月ごしたのがのようだ

 頃母がたまたま長生能事でないいていたのを実感しつつ自分

つぶやくほんとに自分八十えるまできるとは想像もしていなかったのだ

そして二人短命だったのをうと何故かすまないにまでなる

そうえば息子長生せずに々とあのってしまったなあ

 さて今年をしながら無聊々をごそうかえるえないもので

何事集中して最後までやれず途中してしまう自分いてばかりいる

どうしようもないこのりになるので不便なことはいが。。。

 昨日午後新年初日散歩かけてりの大学キャンパスを一廻りしながら

去年三月うとした日本旅行をコロナでキャンセルされたのをしみつつ

今年には旅行出来るだろうかと出来るようにろうよといながらも

それが自分のラスト旅行になるだろうとふっとしくなった

 はともあれけしからんコロナは何時まで全世界ますつもりだろう今日

患者がたくさんたそうだがまではられないようにろうああには

一生最後日本旅行えるだろうか...

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百三十八  (0) 2021.01.28
また届いた、日本小説10冊!  (0) 2021.01.24
新年を迎えて  (0) 2021.01.02
私の日記 その百三十七  (0) 2020.12.31
私の日記 その百三十六  (0) 2020.12.11
私の日記 その百三十五   (0) 2020.10.31

댓글을 달아 주세요