私の日記 その百三十六   -   잡문 [雜文]/日本語

* 1210日 晴

 何時今年20しからなかった二人生活一日結構長

じられるが, 月日はアッというそれでなくてもだけに

調子, あちこちがむがしがまる十二月からはだんだんくなり

家事適当ませソファにそべってんだりテレビをけて面白くも

ない画面めたりしつつ時間をつぶすようになった先月までは午前中買物がてら

散歩をしたものだが今月からは昼食後日差しがまばゆい午後近所一廻りし

必要小物めて, りの大学日当たりのいベンチにって一休みし

ってくる冬休みで校内はがらんとしているがたまに老人達運動場一廻りして

いるのをかけると我知らず苦笑してしまう

 このどうしたものかのあちこちがちくちく散歩から部屋いて

いた毛布にもぐるとかいので我知らずになりじる

 ったばかりなのにこれほどくてはこのをどうごせばいのか

我知らず溜息ると長生ではいといていた晩年かぶ

 れっぽくなるのは仕方ないだと自分なりにめてはいるものの

最近までかばずこの小説短篇しかまないにしている寝付

にはなるべくいストーリーを今日このああ. けない....

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

新年を迎えて  (0) 2021.01.02
私の日記 その百三十七  (0) 2020.12.31
私の日記 その百三十六  (0) 2020.12.11
私の日記 その百三十五   (0) 2020.10.31
暇潰しの本読み  (0) 2020.10.19
私の日記 その百三十四  (0) 2020.10.01

댓글을 달아 주세요