일본소설 메모 95   -   잡문 [雜文]

*10のしあわせ朝井リョウ 石田衣良 小川洋子 角田光代

                         坂木司 重松清 東直子 宮下奈都  宮下奈都                      

全世界かれているNHK World Japanのラジオ番組、17言葉翻訳して

朗読された作品のなかから人気作家8短篇收錄几帳面上司原点

れた瞬間しする母親ったものくした日記....

異国々がげたショートストーリーの名品一冊文庫になってあなたの

もとへ

작가 8명의 중단편 모음인데, 마음에 쏙 드는 게 한편도 없었다. 굳이 괜찮았던 걸

고르자면 石田衣良する정도. 아마도 건망증이 심해져서 먼저 읽은 부분이 

잘 생각나지 않아서이리라 여겨지면서 자신이 한심해진다.

*アカペラ(山本文緒)身勝手両親目尻南向きにった中学三年生のタマコ

だが大好きな祖父老人ホームにれられそうになり彼女祖父との"ち"

決意する一方タマコを心配する担任教師二人されてーー奇妙

しい表面作ほかダメな二十年ぶりの帰郷ソリチュード」、独身

中年姉弟つめたネロリ收錄. かくてない傑作小説集

중편 3작인데 모두 별로였다. 이 작가의 소설은 꽤 읽은것 같은데 모두 내 취미에는

맞지 않는 글이었던 것 같다.

 

* 五千回生死 : 宮本輝

一日五千回ぐらいとなったりきとうなったりするとの

奇妙友情表題作). トマトをしながらんでいった勞務者からかった

一通手紙行末('トマトの')。りながら毎夜寝眉墨

母親夾侍(眉墨) 」「紫頭巾」「バケツの々の現実背後から

記憶みから生命ぎだす名手宮本輝つの物語」。

아홉 중단편 묶음인데 모두 그저그런 내용이었다. 전에는 이 작가의 소설을 

좋아했는데 나이 탓인가 이제 별 흥미를 못 느꼈다.

*最後ごはん おさんとホットケーキ : ふし野道流

兵庫県芦屋市. イケメン俳優五十嵐海里だけ営業定食屋ばんめし

料理人見習いとしてめた店長夏神留二めいた過去になるが

しきにも礼儀ありけてもらえるっているそんなある日獣医だと

いう女性客やってきた彼女はなんと海里婚約者しかし海里とは

派手にケンカれをしたきりで....とびきりかくしいがここにあるける

料理青春小説

이 작가의 소설은 3권째인데 점점 재미가 없어진다. 시간 때우기로 겨우 읽었다.

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본소설 메모 97  (0) 2021.01.21
일본소설 메모 96  (0) 2020.12.21
일본소설 메모 95  (0) 2020.11.29
우스개 3편  (0) 2020.11.15
일본소설 메모 94  (0) 2020.11.03
일본소설메모 93  (0) 2020.10.04

댓글을 달아 주세요