私の日記 その百三十五    -   잡문 [雜文]/日本語

 十月三十日 

 十月下旬になると気配全身じる毎日昼飯前散歩るが, 日差しが

かくてついに大通りまでてちょっといスーパーマーケットへ買物ったり本屋

いたり.  くの大学キャンパスを一廻りし, 樹木一休みしたりして気配

滿喫する.

 コロナウイルス感染遠出えていたが必要なものがえたので昨日

しぶりにとマスクをかけて市内まで出掛けた

 バスにってひとまず明洞いつものホテルへパンをめにったら 余分

いとうのでがっかりしレストランでコーヒーだけんでったっけ

 しぶりの忠武路相変わらずマスクをかけた々でわったが, 昼食りにった

レストランにはランチタイムなのにはたったの三組みしかかった. でも肉料理

かったのでたっぷりわったものだ

  繁華街まで出掛けたついでに必要なものでもめようと忠武路一廻りし, 南大門市場

までばした食料品めた後衣類店自分のセーターをついでに

ものまでにっといながらってくれた.

  歩れをじたのでコーヒーでももうとについたショップにったら, 

なんと婦人客いこと! コーナーのいたテーブルにりながら苦笑した

 コロナの所為りのバスがいていたので座席りほっとしたものだ

  

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百三十七  (0) 2020.12.31
私の日記 その百三十六  (0) 2020.12.11
私の日記 その百三十五   (0) 2020.10.31
暇潰しの本読み  (0) 2020.10.19
私の日記 その百三十四  (0) 2020.10.01
*私の日記 その百三十三  (0) 2020.09.17

댓글을 달아 주세요