暇潰しの本読み   -   잡문 [雜文]/日本語

 小説十冊日本へオーダーしたのが今朝届いた. すごく便利になったもので 

誕生日土産だと日本古本屋文庫小説10をオーダーしてくれたのだ.

それでなくてもっているんどえたので日本文化院して

ついでに, また二冊貸してようとっていたところなのでらず口元.

 所為かこのれっぽくて昨夜読んだのがせず長編苦手とつぶやいて

いたのをいていたのか, 十冊全部中, 短篇小説だった. らない作家四冊

これも興味をそそる.  日本文庫本いっぱい めただけで口元苦笑する.

るのはずっとんだをほとんどえていないのでどれをもうか

のだ.  ていた苦笑しつつ, 自分がオーダーしてめたから面白そうに

えるんでくれのにはまいった.  二人住まいで仕事などほとんどませる

のでソファにそべってむのが習慣になっているが, 以前大好きだった推理小説

歴史小説などは自信くなり, もっぱら短篇んでいる自分かわしい.   

 まず最初んでめたのが阿川佐和子グダグダのすでに13

んだが, 結構面白

 今年最初から世界中流行っているコロナ19感染のため, 三月八日予約して

いたとの日本旅行がキャンセルになり憂鬱っただが, いた

べながらつい鼻唄ったっけ. いようの阿呆自分苦笑した.

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百三十五   (0) 2020.10.31
暇潰しの本読み  (0) 2020.10.19
私の日記 その百三十四  (0) 2020.10.01
*私の日記 その百三十三  (0) 2020.09.17
「ミスタートロット」   (0) 2020.08.16
私の日記 その百三十二  (0) 2020.08.09

댓글을 달아 주세요