일본소설메모 93   -   잡문 [雜文]

                             

*津軽百年食堂 : 森沢明夫

明治時代津軽弘前でようやく地元蕎麦食堂開店した賢治それから

四代目にあたる陽一との確執から弘前れて東京していた. 故郷への

反発えながら孤独都会毎日っていた陽一運命かれるように同郷

七海出会ある交通事故入院陽一はひさしぶりに歸省する恋人

七海っていた賢治でもある祖母純粋れて. 陽一

故郷へのいはづつ変化して桜舞津軽百年がれて

いくしい奇跡感動物語

좋아하는 작가이고 책 커버에 적힌 글이 흥미를 느끼게 해 기대하면서 읽기 시작했는데

별로였다. 하지만 조금씩 나뉘어져있어 밤에 잠자리에서 잠들기 전에 읽기에는 알맞았다.

                                                               

 *あつあつをがれ : 小川糸

このれることは, してないだろうーー. 10年以上つきあった恋人との能登への

旅行わった最高朝食. に, から伝授されたおいしいおみそ

のつくり方. 何年家族みんなでんでやっとありついた天然水でつくった

富士山みたいなかき....ときにはほろ, ときにはしくめてくれる

食卓めぐるつの感動物語

7편의 음식이야긴데, 그런대로 읽을 만했다. 요즘은 이런소설을 선호하는 이유는 건망증

심한 내가 읽기 편하기 때문이리라.

                                                           

*南靑山骨董通探偵社 : 五十嵐貴久

 大手企業就職したものの, うだつのがらない々に井上雅也. ある日.

南青山骨董通探偵社社長金城から突然話しかけられた. 探偵になる

ありませんか?」. 雅也はいぶかしみながらも体験入社するが, 厄介事件わる

ことになり.....個性的なメンバーの活躍軽快なテンポと極上のサスペンスで

げられるベストセラー作家のシリーズ始動

오랜만에 읽은 추리소설로, 베스트셀러 작가라고해서 기대를했는데,  잔소리만 

많고 별 재미가 없었다. 탐정사 이야기라 그런 모양이다.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

우스개 3편  (0) 2020.11.15
일본소설 메모 94  (0) 2020.11.03
일본소설메모 93  (0) 2020.10.04
일본소설 메모 92  (0) 2020.09.25
일본소설 메모 91  (0) 2020.09.06
읽은 소설 메모 90  (0) 2020.08.23

댓글을 달아 주세요