일본소설 메모 91   -   잡문 [雜文]

わらの山本甲士

どこでもありそうな地方都市よくある退屈なオフイスで上司怒鳴られ後輩から

られる三十歳手前OL. れはてたあるふとった不思議理容店

女主人からマッサージをけているうちに睡魔誘襲われる目覚めてみると

自分別人になっていた! 現代痛快変身譚六話

  여섯 중편 모음인데 재미있어 술술 읽었다.


 

 *ウインターホリデー坂木司

ヤンキーでホストだった沖田大和生活小学生息子突然夏休みに

れたことから一変宅配便のドライバーへと転身子供のために奮闘するそして

冬休期間限定親子生活がはじまるがクリスマス正月バレンタインと

イベント沢山のこの季節トラブルも續出...

여섯편으로 된 중편 모음인데, 낯 선 작가의 글이라서인지 그다지 재미있지 않았다. 

    

 

*スタートラインーまりをめぐる19物語

帰省光原百合) 1620(三羽省吾)         らかな記憶金原ひとみ) 

記憶三崎亞記)           浜辺別荘恒川光太郞

する交差点中田永一)      花嫁伊藤たかみ)    

っていった(橋本紡)     りとまりの木曜日(柴崎友香)

会心幕張(宮木あや子)      とっぴんぱらりのぶう(朝倉かすみ)   

バンドTシャツと日差しと水分日(津村紀久子)      トロフィ(西加奈子)     

コごろし(万城目学)     おしるこ(中島たい)  その私(藤谷治)          

はじまりの物語(中島桃果子)   パパミルク(小川糸)

단편19로 읽기는 쉬워도 마음에 와닿는 글은 하나도 없었지만 시간 때우기로는 

적당했다.


 

*探偵(新野剛志) : 宗介半年前偶然再会した学生時代からの友人

仕事めてくあてもないらしい仕方なく一晩だけめてやるつもりだったのが

ではすっかり居着いてしまっているそんな周辺きた事件素人探偵

なって々と解決していくのだが... それぞれ過去青年勇吾宗介らに

れる出会いとれをやかな余韻連作短編集

연작 단편 다섯 개인데, 처음 대하는 작가라서인지 글쎄..... 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본소설 메모 91  (0) 2020.09.06
읽은 소설 메모 90  (0) 2020.08.23
일본소설 메모 89  (0) 2020.08.03
일본소설 메모 88  (0) 2020.07.05
일본소설 메모 87  (0) 2020.06.10
벌써 6월...  (0) 2020.06.03

댓글을 달아 주세요