읽은 소설 메모 90   -   잡문 [雜文]

恋愛仮免中 :  奥田英朗 窪美澄 荻原浩 原田マハ 中江有里

人気, 実力とも当代随一作家, 戀愛小說アンソロジー3年越しの恋人

無断会社めてショックを結婚OL. なの異性との出逢いに

わせる少年少女長年連った夫婦そしてだけ

はあるーーりなすくせつない物語逸品

다섯 작가의 중편집인데, 역시 익숙한 奥田英朗荻原浩의 글이 읽기도 편하고

내용도 괜찮았다. 

 

はなうた日和 : 山本幸久

定年間近平凡会社員虹脇にじわき突然部下美人OLからみにわれる

られながら副社長ってほしいまれてーー。(ハッピー・バースデイ

れないアイドルのミドリは今日もオタク相手撮影会しかしその子連れの

カレと再会。。。(「五歳」)。さえない日常にあるさな

きらめきをいた短編集文庫化ろし短篇特別追加

9편의 중단편인데, 먼저 읽은 店長がいっぱい와 마찬가지로 별 재미가 없었다.

이제 이런 글은 못 읽겠다. 

*アイネクライネ・ナハトムジック : 伊坂孝太郎

かれたサラリーマンしからない相手する美容師いじめっ

再会してしまったOL...人生 いつもしいことばかりじゃない. でも運転免許センターで

リビングで, 註輪場 奇跡こる. けなくもおしい登場人物たちが仕掛ける不器用

きの明日がきっとしくなる魔法のような連作短編集

중편 여섯인데, 오랜만의 이사카(伊坂孝太郎)의 중편소설을 그런대로 재미있게 읽었다.

 

*モノレールねこ加納朋子) 

小学生のぼくはねこの首輪んだ手紙タカキ文通をするあるねこが

かれてタカキとの交流途絶えたが。。表題作モノレールねこほか

ザリガニの家族見守バルタン最期など夫婦親子職場同僚など

日常にさりげなくれる大切とのいた

중단편집인데, 작가가 낯설어서인지 그다지 흥미롭지는 못했으나 잠들기 전에 읽기는

적당했다.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본소설 메모 92  (0) 2020.09.25
일본소설 메모 91  (0) 2020.09.06
읽은 소설 메모 90  (0) 2020.08.23
일본소설 메모 89  (0) 2020.08.03
일본소설 메모 88  (0) 2020.07.05
일본소설 메모 87  (0) 2020.06.10

댓글을 달아 주세요