私の日記 その百三十二   -   잡문 [雜文]/日本語

* 八月九日 雨

 どんよりと日曜日だ. 真夏梅雨時なのでじこもっているが

これといった仕事いので阿呆のようにぼんやりしている. 

日本のブックショップへオーダーした十冊届いているが何故みたいのが

につかず本棚べたままけていない. それとうのもこの昨夜読んだ

内容全然浮かばないので長編めなくなり中編短篇んでいるが, それが

ちっとも面白くないからだ. ほんとに年老いた自分めにわれてならない.

 昼食昨日散歩めたピザをめてべ, 散歩でもしようかとったら, んだ

はずのがまたしとしととすのでがっかり, 仕方なくパソコンのった.

  まずはウォーアップゲームでもとあれこれやってみたがしも面白くない.  

今日日曜日だな, テレビでもようかとってしたが,  真昼のテレビプロは

興味そそるものがつも. チャンネルをあちこちしつつ舌打ばかりした後消

やむなくまたパソコンのしたわけだが, さて, をしようかなあ.....

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

*私の日記 その百三十三  (0) 2020.09.17
「ミスタートロット」   (0) 2020.08.16
私の日記 その百三十二  (0) 2020.08.09
* 私の日記 その百三十一  (0) 2020.07.11
私の日記 その百三十  (0) 2020.06.16
私の日記 その百二十九  (0) 2020.05.11

댓글을 달아 주세요