* 私の日記 その百三十一   -   잡문 [雜文]/日本語

 

七月十日 

 2010心筋症という病気入院までして治療けたが1ぎた

一度病院診察けてめてるのだ病院がさほどくない

けれどいつもタクシーを利用していたが今日散歩がてら一緒裏道利用して

いてくことにした

 到着すると総合病院だけあってすでに患者がいっぱいだったでも心臟內科はさほど

くなかったのでほっとしたものだまず血壓って医者診察簡単

處方薬屋月分めて帰路についた途中, についた

寿司屋昼食用寿司二人分めてり, ほっとする

 昼食まで時間ったのでもうとベッドにたわった. れない往復歩いた

のがきつかったのか, 自然じられたっけ.

 だけにちょっと無理するとあちこちむのを仕方無いとめればよいのに

そのつどいらいらする自分かわしい.

 昼食えたとうのでやっとこし気分転換いシャワーをびた. 

やれやれ.

  買って寿司以外美味しかったので全部食コーヒーをれて

んだらったがするあーあ

        

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百三十二  (0) 2020.08.09
* 私の日記 その百三十一  (0) 2020.07.11
私の日記 その百三十  (0) 2020.06.16
私の日記 その百二十九  (0) 2020.05.11
日本ポケットブック十冊  (0) 2020.05.02
私の日記 その百二十八  (0) 2020.04.19

댓글을 달아 주세요