私の日記 その百三十   -   잡문 [雜文]/日本語

六月十六日 

 すでに六月中旬何時ったのか居間にも部屋にも扇風機

けて今日このあーあこのをどうごせばいやらえただけで

溜息

 ずっと昼食後散歩たものだが数日前からはれて夕食った

大学キャンパスを一廻りしてるのがおちだ。 二人住まいにもるものの

いことだろう一度市内出掛けてめねばならぬものもあるので今月中

日本文下院出掛けてりた本返してまた二冊借りてようとすと

美味しいもの昼食ってくれるいつつにやにやする

コロナウイルスのためマスクかけて外出するのに外食なんて出来っこないわ

ったら

ではちゃん一人ってをペロリとわず苦笑しつつ三月

日本旅行計画までめさせたコロナウイルスがくてならない一体このけしからん

流行病何時までくつもりなんだろう大通りの薬屋くにもマスクをかけて

かねばならないなんてわず溜息

 , 日本古本小説十冊オーダーしたのが明日送られるとのメールがいたそうだ

それでなくとも全部読んでしまったので日本文化院出掛けようとしたのに

それはマスクけないで外出出来るまですことにするか

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百三十  (0) 2020.06.16
私の日記 その百二十九  (0) 2020.05.11
日本ポケットブック十冊  (0) 2020.05.02
私の日記 その百二十八  (0) 2020.04.19
私の日記 その百二十七 2020.3.20  (0) 2020.03.21
文庫版日本小説  (3) 2020.03.12

댓글을 달아 주세요