일본소설 메모 87   -   잡문 [雜文]

交番 : 乃南アサ

新米巡査高木聖大世田谷区等交番赴任した大事件などない閑静

住宅街不眠症のおばあさん神谷文恵相手聖大目下役割だった

ところがひょんなことから聖大指名手配中殺人犯逮捕するという大手柄

げた以降文恵態度かに変化する文恵七人老人グループが聖大

づいてきた。。

人気沸騰中聖大もの四編收錄.

중편 4개로 된 형사물인데, 오랜만의 추리소설이라 그런대로 재미있게 읽었다

이 작가의 소설은 두 번째인 듯싶다.

*最近見上げていない : はらだみずき

出版社営業マン・作本龍太郎ある書棚かにする書店員にする.

彼女はなぜしていたのだろうーー(「いカンナではじまる」). 営業部との

いが編集者旭川から上京してきた青年現実のちがいに戸惑保育士...

じて作本出逢ったらのいに正直きるたちとのあたたまるつの物語.

きにうつむきがちになる日常から一歩ふみ勇気をくれる珠玉連作短編集.

네 개의 중편으로 되어있는데, 낯선 작가의 글이기 때문인가 전혀 흥미를 느낄 수 없었다.

 

山桃寺まえみち : 芦原すなお

山桃寺まえみちにあるさな居酒屋福乃のママ・ミラちゃんは現役大学生.

体調祖母って急遽店りすることになり孤軍奮鬪している

らかでマイペースなミラちゃんのにやってくるのは一風変わったばかり

らにえられ軌道にのりはじめた矢先ミラちゃんのことをれて... 

不器用きる々の悲喜こもごもをかい眼差しでいた物語.

이 작가의 소설은 처음인데 이야기가 十章으로 나뉘어있어 잠자리에서 읽기 편했다.

선술집에 드나드는 손님 이야기도 술술 읽히고... 

*さようならコタツ : 中島京子

15ぶりに, しかも誕生日部屋恋人未満くことになった36由紀子.

有給り, ベッドの到着ち, 料理ってつが肝心山田伸夫が....ない

表題作他, 新入りが脱走した相撲部屋一夜八十畳」. やもめらしの

大叔父木造平屋家族記憶をひもとくらのやさしい

など, <7つのいぇはのなかを, 卓越したユーモアで傑作短編集.

개의 중단편 모음이라 읽기 편했다. 여자의 글로 부드러웠으나 그다지 마음에

와 닿지는 않았다.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본소설 메모 87  (0) 2020.06.10
벌써 6월...  (0) 2020.06.03
일본소설 메모 86  (0) 2020.05.19
일본소설 메모 85  (0) 2020.04.26
일본소설 메모 84  (0) 2020.04.10
따사로운 초봄  (0) 2020.03.30

댓글을 달아 주세요