日本ポケットブック十冊   -   잡문 [雜文]/日本語

   がまた小説十冊日本へオーダーしたのが今朝届いた。  

 それでなくてもっているんどえたので日本文化院して

すついでにまた二冊貸してようとっていたところなのでらず口元

 所為かこのれっぽくて昨夜読んだのがせず長編苦手

つぶやいていたのをいていたのか十冊全部中短篇小説だったらない

作家四冊でこれも興味をそそる日本文庫本いっぱいになりめただけで

口元むのも昨日今日のことではない

 だがるのはずっとんだをほとんどえていないのでどれを

そうかうことだるのでせず自分がオーダーして

めたでまだんでいないしてくれる

 二人住まいで仕事などほとんどなうのではソファにそべって

むのが習慣になったもエアコンつけてみながらさをげそうだ


山桃寺まえみち葦原すなお)     *カウハウスCow haouse (小路幸也

先生坂木司)      *けこみ交番 (乃南アサ

この部屋朝井リョウ)               *店長がいっぱい (山本幸久

グダグダの (阿川佐和子)    *最後ごはん (椹野道流

さようなら,コタツ中島京子)    *最近見上げていないはらだみずき) 

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百三十  (0) 2020.06.16
私の日記 その百二十九  (0) 2020.05.11
日本ポケットブック十冊  (0) 2020.05.02
私の日記 その百二十八  (0) 2020.04.19
私の日記 その百二十七 2020.3.20  (0) 2020.03.21
文庫版日本小説  (3) 2020.03.12

댓글을 달아 주세요