일본소설 메모 85   -   잡문 [雜文]

*そこへくのはたちの :小路幸也

中学生のかほりは2年前震災不思議けられる経験をしていたちまたで

植物状態人間覚醒させる能力存在になるのと連続誘拐事件発生

元刑事ライターらがううちにハヤブサなる存在かびがり....すべての

らかになったとき奇跡する感動青春小説

중편 넷으로 된 중고생 이야기라 그저 그랬다. 점점 건망증이 심해져 복잡하고 긴

스토리는 흥미를 읽게 되는 모양이다. 

上話 : 佐藤正午

あなたにっておいてほしいのは人間にとって秘密るのはむずかしいということです.

たとえひとりでもあなたがだれかにせんしたことをしたのなら, そこからしづつ

うわさがまっていくのはけられないとえたほうがよいでしょう.

(「'そのから」 第二部不倫相手逃避行後宝くじが高額當選. 

まれされける出合災厄恐怖とは...

이 작가의 글은 처음 대하는데 별 흥미가 없었다. 책이 두껍기만하고 내용이 내 취미에는

맞지 않아 대충 읽었다.

*カラフル : 森絵都

により輪廻のサイクルからされたぼくの魂. だが天使業界抽選にあたり

再挑戰のチャンスをた. 自殺った少年, にホームステイし, 自分

なければならないのだ. としてごすうち, ぼくは欠点美点えてくる

ようになるのだが.... 不朽名作ついに登場.

커버에 불후의 명작이라고 쓰여있었고 전에읽은 단편집 いあがるビニールシート

가 좋았기에 기대했는데 영 아니었다. 시간 때우기로 끝까지 읽긴 했으나.....

*大名三千里 : 土橋章宏

徳川家康譜代大名でありながら生涯七度国替えをさせられ, いた揮名

大名という不運君主松平直矩(まつだひらなおのり)。またもや幕府から

国替えをじられたものの度重なる激務によってくなった奉行役目

がされたのはきこもりされる若輩者桐春之介だった. 人無し・金無し・

経験無最悪状況で, たして姫地播磨から豊後日田への国替えは成功するか

上司からの無茶振りに右往左往する武士たちをコミカルにき, 時代劇新風

んだ新銳傑作時代小説.

이 작가의 소설은 2권째인데, 이제 일본 역사소설은 예전처럼 재미있지가 않아서인지,

읽기가 무척 힘들었다. 내용도 흥미가 없었고.....

 

 

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

벌써 6월...  (0) 2020.06.03
일본소설 메모 86  (0) 2020.05.19
일본소설 메모 85  (0) 2020.04.26
일본소설 메모 84  (0) 2020.04.10
따사로운 초봄  (0) 2020.03.30
일본소설 메모 83  (0) 2020.03.28

댓글을 달아 주세요