私の日記 その百二十八   -   잡문 [雜文]/日本語

  今日がすでに四月十九日春爛漫える季節になったのか. そうえばここ数日

昼食後散歩んなれている大学キャンパスを気持良散歩したっけ.

昨日はついでに大通りまで出掛けて, マートでごまごまとした必要品めたし...

二人まいでも必要なもののいことだろう. めた品物けて

いでいても所為結構疲れる. りの大学キャンパスをると近道になるので

勝手利用するのだが, この新型コロナウイルス感染のため休校なので, 閑散

キャンパスをマスクかけでりつつれているんな堪能する出来る.

 々にいてあるベンチは大学生等より老人達めているので, 荷物くて

ちょっとみたかったけど舌打してそのままったらまた膝裏がちくちくんだ.

 今日のニュースにコロナ19確診者8名追加し, 總感染者1661になったと

あった. 3月初日本旅行する予定だったのがコロナウイルスでキャンセルされた

のをうとしくて仕方がない. 猛暑北海道温泉で, あちこち老躯

つもりがとなったのだ. ま, ついてないとめるより仕方ないだろうけど....

 毎日日曜日だが, 春雨がしとしとと午後ソファにそべってテレビの

音楽プロをめている今日本当日曜日なんだ.

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百二十九  (0) 2020.05.11
日本ポケットブック十冊  (0) 2020.05.02
私の日記 その百二十八  (0) 2020.04.19
私の日記 その百二十七 2020.3.20  (0) 2020.03.21
文庫版日本小説  (3) 2020.03.12
ああ、ついてない  (0) 2020.03.08

댓글을 달아 주세요