私の日記 その百二十六   -   잡문 [雜文]/日本語

放送社TV朝鮮で放送中の「明日はミスタートロット」と言う番組にはまっている今日この頃だ。テレビ歌番組でトロットはほとんど聞けなかったが、久しぶりだしアマチュア若者達の歌も結構巧いので欠かさずに真夜中まで聞き惚れている。各地方のアマチュアチームが参加して競争したが、もう残り少なく、昨夜などどのチームもプロ顔負けの巧さだった。初の放送から気に入ったチームを見つけて、応援しつつ夜深けまで娘とはまっていたものだ。

幼い頃、二人の兄がよく唄う演歌を我知らず覚え友達に教えてあげたりしたのを思い出す。長兄は半音がうまく唄えないのでくすくす笑ったものだが、次兄はすごく上手で、レパートリーも豊富なのでいつも聞き入っていた。

昨夜の夜10時に放送されたこのプロの9回分が全体視聽率の32.7パーセントを占めたとか、視聽率が9%はね上がりつつ9週間の新記錄レースを異変無しで続けたそうだ。この日の放送では準決勝戰1ラウンドである「レジェンド·ミッション」が本格的に開かれて頂点へ到った熱気に火力を點火させたと演芸ニュースに出たそうだ。

どのチームが優勝するかは定かでないけれど、今年中学校に入ったちびが居るチームを娘と二人熱烈に応援しよう。昨夜のこのプロ視聴率が全国32.7%だとか。すごい。


'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

文庫版日本小説  (3) 2020.03.12
ああ、ついてない  (0) 2020.03.08
私の日記 その百二十六  (0) 2020.02.28
私の日記 その百二十五    (0) 2020.02.16
私の日記 その百二十四  (0) 2020.01.24
私の日記 その百二十三  (0) 2020.01.12

댓글을 달아 주세요