私の日記 その百二十五     -   잡문 [雜文]/日本語

*202016

  長生きだけがではないとちょくちょくいていた七十歳にもらずあの

ってしまったのを痛感している今日このえてみるまでも家族

一番長生きしているが近年になってあちこちのみにいらいらしつつのつぶやきを

して苦笑するほんとにこのになるまできるとは想像もしてなかった

未亡人になって十余年息子って七年二人ひっそりらしながら事有

った家族

  年老いてあちこちむのはどうしようもないだが最近になって膝裏のつっぱり

にはえられない病院こうとせがむが心筋症などでいやと程病院通いを

した想像するだけでもうんざりし薬屋めのめて我慢している

この

 めたインターネットで病症家内治療法などがあるかとしてみたが

内容つからずがっかりしたものだどうしようもない老人病だから我慢しつつ

しでもみをれようと昼飯後散歩出掛ける以前間痛みをれたものだが

このもちくちくむのでだんだん散歩時間くなるって

シャワーをってかいオンドルにそべっているとみがくなるけれど

きるとじだ溜息るのはどうしようも

 今日気温ちたようだが使たしたので薬屋出掛けねば

ならないからついでに散歩でもするかあーあ年寄りはいなあ

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

ああ、ついてない  (0) 2020.03.08
私の日記 その百二十六  (0) 2020.02.28
私の日記 その百二十五    (0) 2020.02.16
私の日記 その百二十四  (0) 2020.01.24
私の日記 その百二十三  (0) 2020.01.12
*私の日記 その百二十二  (0) 2020.01.10

댓글을 달아 주세요