일본소설 메모 80   -   잡문 [雜文]

*たちは二度遊 : 吉田修一

電車遭遇した見張るようにしい, 電話ボックスでかけたりをした,

職場一緒世間馴染めない, 友人紹介でなんとなくった怠惰,

しくてもしくてもよく, 居酒屋からった泥酔する, バイト

った芸能界志望, そして中学めて恋心いた.... 人生

, 出会いと. ときにしい現代男女をリアルに短編集.

오랜만에 읽은 요시다슈이치의 소설로, 단편이고 재미있어서 단숨에 읽었다. 남자가

여자의 심리를 어찌 그리 잘 그려냈는지.... 

片桐酒店副業 : 德永圭

とある地方商店街一角びた酒店. 二代目店主片桐章本業のかたわら,

配達副業としていた. 片桐には厄介依頼んでくる. アイドルに差入,

いじめる上司悪意, 無理難題にも眞摯対応していく片桐だったが, もまた

きなえていた. なぜ酒店店主毎日黒いスーツで々といているのか? 

その秘密された過去になったーー

처음 대하는 작가인데 플로로그와 에피로그 그리고 5장으로 되어 있어 읽기는 편했으나

남성용인 듯, 나 같은 노녀는 실감할 수 없었다.

*恋人: 通尾秀介

不甲斐ない彼氏理不尽職場, ひとり弥生, 滞在先上海葉月蓮介

出会. 蓮介, 高級家具うレゴリスの経営者として注目される存在だった. 一方

このむシュウメイは, 美貌われ, レゴリスのCMモデルにばれるも, それを

きっぱりとっていたーー. 前触れもなくまった. 通尾秀介があなたに,

再生のラブ・ストーリー.

잠자리에서 조금씩 읽었는데 별 재미가 없었다. 이 작가의 글은 내 취미에는 별로 맞지

않는 것 같다. 

金曜のバカ : 越谷オサム

  天然女子高生気弱なストーカーが, 一度奇天烈逢瀬

はー(「金曜のバカ」)

また, えたらいいねーー流星雨出会った少女した言葉

今胸によみがえる.([とミルクティー」)

不器用だけど一途いをえたバカたちがげる, 青春. かを

きになったのときめきと高鳴りにちた, ほっこりキュートな傑作短編集.

편의 중편 소설인데, 하이틴의 이야기라 내 나이에는 너무도 걸맞지 않았으나 끝까지

읽기는 했다

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본소설 메모 82  (0) 2020.03.10
일본소설 메모 81  (0) 2020.02.12
일본소설 메모 80  (0) 2020.01.28
일본소설 메모 79  (0) 2020.01.15
일본소설 메모 78  (0) 2019.12.27
일본소설 메모 77  (0) 2019.12.12

댓글을 달아 주세요