일본소설 메모 79   -   잡문 [雜文]

*星星しみ : 宮本輝

喫茶店にかかっていた一枚星星しみ」。この薄命画家作品みだし

不思議なエネルギーをもつかしい時代青春のさなかにきているあかしを

はげしくめる群像洞察みな物語展開みごとにいた傑作短篇

오래간만에 좋아하는 宮本輝7편으로된 단편소설을 기분좋게읽었다. 건망증이 심해져

긴 장편은 읽기 힘든데, 그리 짧지 않은 적당한 단편이라 밤에 잠자리에서 한편씩 읽었다.

 

*伊豆えた : 西村京太郎

東京南青山高級マンションで, プレイボーイの青年実業家高原雅之刺殺された.

十津川警部亀井刑事捜査, 五人名前かんだ. その一人,モデルの

肩山みゆきは伊豆下田かったまま行方不明, 石廊崎からげたか, 水死体

発見. さらに一人天城峠され....伊豆舞台殺人. 十津川警部

推理えるトラベル・ミステリー.

본격 추리소설인데 나이 탓인지 이제 이렇게 두꺼운 추리물은 읽기가 힘들었다.

 

しおんのしおり : 三浦しおん

漫画王国まれた小説家乙女日常生活。 バンドをっかけ上方愉快

仲間までわきあがる妄想楽園。。色恋だけじゃものたりない! 

なぜだかおかしな日常はドラマチックに展開ーー日本政局家族事件人気

ドラマもめたらいつのまにかヒートアップ! 「んでしく希望てる」、

したらない抱腹微苦笑ミラクルエッセイ

별로 좋아하지않는 작가지만 엣세이라 자장가 대신으로 조금씩 읽었는데 남는 건 없다.

 

ツバキ文具店 : 小川糸

鎌倉さな文具店むかたわら手紙代書鳩子今日風変わりな

依頼みます友人への絶緣狀, 借金のおり, 天国からの手紙... 身近だからこそ

えられない依頼者ううち, 仲違いしたままってしまった祖母へのいに

づいていく. 大切へのい, ツバキ文具店があなたにわっておけします.

처음 대하는 작가로 글은 그저그랬다. 무대가 鎌倉고 작은 문구점을 하는 처녀가 대필도

하면서 손님이 의뢰하는 글을 대필해주는 내용이라 흥미를 느꼈으나 그저 그랬다.

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본소설 메모 81  (0) 2020.02.12
일본소설 메모 80  (0) 2020.01.28
일본소설 메모 79  (0) 2020.01.15
일본소설 메모 78  (0) 2019.12.27
일본소설 메모 77  (0) 2019.12.12
일본소설 메모 76  (0) 2019.12.01

댓글을 달아 주세요