*私の日記 その百二十二   -   잡문 [雜文]/日本語

ちゃん, さんが午後訪れると電話したわ

  一昨日昼頃だった. びっくりした.  七年前息子があのった,

忠武墓地まで同行しながらすごくしみつつ, めてくれたもしい

息子後輩午後訪問すると電話して午後二時半れたのだ.

いやさしい外貌しもわらずかえって重厚紳士になっていた.

果物とケーキ, 訪問くなってすみませんと丁寧にお辞儀をする.

けそうでったまま言葉った.

  がコーヒーをれてくれたのをみつついに出話いながら

りし々を. ずっと二人きりの生活をつづけていたので, 々しい

男性との和氣靄靄雰囲気がとてもせにじられる一時だった.

  出話にふけっているとのごとく時間, 淸涼里駅での約束があると

いつつめることが出来ないので見送りながら, っても

れずにれてくれたがどれ程有かったか.....

  部屋って早速パソコンを, 息子っている写真して見入,

ついでに息子墓場った写真きずにめていて顰蹙をかった.

ああ..... 


'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百二十四  (0) 2020.01.24
私の日記 その百二十三  (0) 2020.01.12
*私の日記 その百二十二  (0) 2020.01.10
*私の日記 その百二十一  (0) 2019.12.26
私の日記 その百二十  (0) 2019.11.29
*私の日記 その百十九  (0) 2019.11.27

댓글을 달아 주세요