*私の日記 その百二十一   -   잡문 [雜文]/日本語

20191226

月日れがくとうがアッという今日十二月二十六日

後五日今年りだこの一年をどうごしたってみても11月初日本旅行

したことしかかばないどうしたものかこの昨日せない程頭

なりいを痛感しつつ重要はいちいちメモしながららずに溜息をもらすありさまだ.

いのはけることで意識的にパソコンと本読みで時間しつつ々をって

いるうちに年末になったいとうか今年年末さがしくないので昼食

30分位娘散歩をするが昨日遠回りして本屋日本小説二冊求めた

先月中旬日本旅行古本屋つけてもとめてくれた文庫本10のうちまだ

半分んでないのに馴染みの本屋となくってしまったのだ

本棚がいっぱいになっためただけで気持良くなるのはどうしてだろう

二人物凄讀書家世界文学全集本棚にぎっしりまっていたのが

かぶ女学生になって勝手にその一冊抜いてもうとしたらむにはまだ

いよいつつったくった長兄姿。。。

このどうしたものか物忘れがひどくなり昨日はおろかさっきのもろくに

かばないこの短篇んでいるがすでにめない程呆けている

のか溜息ほんとに長生きがではないのだなあ

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百二十三  (0) 2020.01.12
*私の日記 その百二十二  (0) 2020.01.10
*私の日記 その百二十一  (0) 2019.12.26
私の日記 その百二十  (0) 2019.11.29
*私の日記 その百十九  (0) 2019.11.27
私の日記 その百十八   (0) 2019.10.30

댓글을 달아 주세요