私の日記 その百十八    -   잡문 [雜文]/日本語

十月ってついにさかられたとほっとしていたのもつかの?!下旬

なると肌寒くてれるとヒーターをけるようになった. やれやれ.

足下までをどうごせばいやら, らぬ溜息.

ねる程何事億劫になり, 家事はほとんど娘任せで, 日当たりの

長椅子そべって小説みながら時間しているが, った昨日

んだストーリーが全然浮かばないことだ. ほんとにしくなる. ただつの

趣味本読みなのに, がネットでめてくれた本五冊むのにどれ

苦労したことかしただけでぞっとする.

そういえば今月初日本文下院りて本二冊のうち一冊だけんだっけ.

もう一冊んでさねばならないのに何処いたのだろうと本棚をくまなく

したがつからずしてった. 文庫本としてはかったがどうして

かなかったか不思議でならない. 辻村深月作家らなかったからだろうか.

早速読めたが, 内容でも筆致でもないのでしてしまった. 明日

パーマかけに出掛けるついでににしよう

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百二十  (0) 2019.11.29
*私の日記 その百十九  (0) 2019.11.27
私の日記 その百十八   (0) 2019.10.30
笑い話  (0) 2019.10.12
私の日記 その百十七  (0) 2019.10.06
私の日記 その百十六  (0) 2019.09.12

댓글을 달아 주세요