私の日記 その百十六   -   잡문 [雜文]/日本語

201910日 (火)

一昨日大変だった朝起きた様子がすごくしかけても

ろくにえないただではないとじた素早119連絡

救急車到着して慶熙醫療院応急室んだのだ

それからいろんな検査あちこちに注射って、2,医者

わりづいてチェックをするのだ緊張してつめている姿

るにえなかった

ベッドに2時間せていただろうか普通くことが出来しい

もないのでってった長引心筋症いがなってれる

症狀だといつつも可哀想でならない

毎日続けている朝夕散歩昨日んで今朝気温やかなので

周辺一廻りした大通りでもないのにしにるので

ぴったりって千歩あまりいてったらへとへとだああ長生きが

ではないとの言葉実感する今日このである

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

笑い話  (0) 2019.10.12
私の日記 その百十七  (0) 2019.10.06
私の日記 その百十六  (0) 2019.09.12
私の日記 その百十五  (0) 2019.08.22
私の日記 その百十四  (0) 2019.07.19
私の日記 その百十三  (0) 2019.06.28

댓글을 달아 주세요