일본소설 메모 70   -   잡문 [雜文]

*どもたちはみな : 村上春樹

19951, 地震はすべてを一瞬のうちに壞滅させた. そして, 流木える

海岸あるいは小箱えたかった釧路, かえるくんが地底でみみずくと

東京世界はしずかに共振をはじめる.... 大地けた. はいないのかもれない.

でも, おそらく, あの震災のずっとから, ぼくたちはなる廢墟えていた...

つの黙示錄.

전부터 좋아하던 하루키의 소설을 오랜만에 잘 읽었다. 여섯편으로 되어있는데

한편 한편의 내용이 마음에 들었다. 

*ラットマン : 道尾秀介

結成14のアマチュアロックバンドのギタリスト・姫川量亮はある, 練習中

スタジオで不可解事件遭遇する. 々にかびがるバンドメンバーのされた

素顔. 事件真相判明した, めてきた過去衝擊的記憶まされる

本当仲間とは家族とは, とはー. いまもっとも作家道尾秀介いを

めた傑作,ついに文庫化.

꽤 두꺼운 추리소설이라 읽기 무척 힘들었다. 어제일도 잘 생각이 안나는데 복잡하게

얽힌 사건을 어떻게 기억하겠는가. 며칠 동안 앞뒤를 훑으면서 겨우 독파했다. 

*假面山莊殺人事件 : 東野圭吾

八人男女まる山莊逃亡中銀行強盜侵入した外部との連絡たれた

八人脱出みるがことごとく失敗わる恐怖緊張まるついに

一人されるだが状況からえて犯人强盜たちではありえなかった

七人男女いに疑心暗鬼られパニックにまってっていた...

일본문화원에서 빌린책 반환하러 갔다가 예전에 즐겨 읽던 히가시노게이고의 소설이

눈에띄어 빌려왔는데, 요즘 건망증이 심해 읽기 힘들어 한심했지만 끝까지 독파했다.

 

*卒業 : 重松淸

わたしの父親ってどんなひとだったんですか」 ある日突然, 十四年前った

親友ねて. 中学生彼女もまた, 深刻みをえていた.

彼女からそうと, 親友との青春時代めたのだがーー.

しみを, たな旅立ちをるために, それぞれの卒業経験する家族

いた四編. 著者たな原点.

중편 네 개인데, 한편도 생각이 나지 않는다. 이제 단편이나 읽어야 할까보다.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

쓸쓸한 추석날  (0) 2019.09.14
일본소설 메모 71  (0) 2019.09.02
일본소설 메모 70  (0) 2019.08.14
일본 소설 메모 69  (0) 2019.07.30
일본 소설 메모 68  (0) 2019.07.15
일본 소설 메모 67  (0) 2019.06.30

댓글을 달아 주세요