일본소설 메모 (60)   -   잡문 [雜文]

スマホをしただけなのに : 志駕晃しがあきら

麻美彼氏富田がタクシーのでスマホをしたことがすべてのまりだった

はスマホを返却すふが正体狡猾なハッカー麻美った

人間関係監視めるセキュリティを丸裸にされ富田のスマホが

身近SNSして麻美れる凶器わっていく

一方神奈川山中では身元不明女性死体々と発見され....

낯 선 작가인데, 젊은이들이 좋아할 내용이고 내게는 영 맞지 않아 읽는 즐거움을

느낄 수 없었다. 데뷔작이라는데 흥미가 없어 밤에 자장가용으로 겨우 다 읽었다. 

* 卵町 : 栗田有起

サナはくなったいをえるためかって彼女ごしたという卵町れる

卵町とてもかでとてもやさしい特別場所だったサナはそこで想像

しなかった秘密ることになりーー大切なひとにあいたくなる

やさしい物語

책 커버에 적힌 글 보고 기대하면서 읽기 시작했는데, 내게는 맞지않는 내용이었다.

이름을 처음 보는 젊은 작가 글은 내게 어울리지 않는 모양. 

* あずかりやさん : 大山淳子

一日百円どんなものでもかります」。東京下町にある商店街のはじで

ひっそりと営業するあずかりやさん」。れるたちはさまざまな事情

えてあるものけようとするのだが...猫弁シリーズで大人気著者

ほっこりかな人情物語

처음 대하는 여류작가의 글인데, 읽기 쉽고 여섯 중편으로 되어있어 그런대로 

재미있게읽었다. 장님의 전당포 이야기를 애견이 엮는 좀 별난 내용이었다. 

*メゾン・ド・ポリス(退職刑事のシェアハウス): 加藤実秋

牧野ひよりはれの刑事になったが毎日雑用ばかりそんなある奇妙焼死事件

発生いていと上司からメモをされるそこはなんと退職した元刑事

たちがシェアハウスだった敏腕, 科学捜査のプロ現場主義頭脳派刑事魂

再燃したおじさん老眼腰痛をものともせず事件んでゆく

失踪したひよりのおじさんたちの過去々にらかになり...異色連作

ミステリ-.

다섯편으로 된 미스테리소설인데 모두 그저 그랬다. 처음 대하는 작가로 드라마화되기도

했다기에 흥미를 느쪘으나 왕실망.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본과 한국 우스개 몇개  (0) 2019.04.11
일본소설메모 61  (0) 2019.04.04
일본소설 메모 (60)  (0) 2019.03.18
이른 봄날의 하루  (0) 2019.03.16
일본 소설 메모 (59)  (0) 2019.03.04
추운 겨울날....  (0) 2019.02.17

댓글을 달아 주세요