私の日記 その百七 : 2019年2月11日   -   잡문 [雜文]/日本語


朝食パンが一切れしかっていず半分づつけてべたのでいにかけた.

ついでにお明洞美味しいハンバーガーでもろうとうので十二時

.

このがネットでした大通りから路地ったにあるが

主人以前日本食堂いたとかで最初った空揚げとカツ

にピッタリ明洞によく昼食はそこでったものだが今日

ハンバーがー定食もすごく美味しくてししからずに料理だけきれいに

らげたものだ.

パンをめるためパシフィックホテルへかった日差しは結構暖かいが

高層ビルが太平路える程寒くて早足大通りをった.

ずっとパン担当だった父親くなり息子まであのって

しまったので, やむなくいにるがこのパン一切れが二人

朝食りるので二袋求めると一月以上忘れていることが出来.

明洞繁華街までたついでにコーヒーでももうかとくとホテルで

パウンドケーキもったからってもうとうのでそれもかろうと

ホテルをにした. 大通りをってバス停留所までくと鼻水程寒.

さて必要品ったじゃない?」くと

ってインターネットでマートにオーダーしたらいわ

うわけで今日外出二時間足らずでわったものだ.

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百七 : 2019年2月11日  (0) 2019.02.11
私の日記 その百六 : 2019年2月2日  (0) 2019.02.02
私の日記 その百五  (0) 2019.01.07
私の日記 その百四  (0) 2018.12.22
私の日記 その百三  (0) 2018.12.11
私の日記 その百二  (0) 2018.11.24

댓글을 달아 주세요