일본 소설 메모 (57)   -   잡문 [雜文]

ヤッさん原宏一 

ボールらしのタカオは見知らぬ中年男にたたきこされた. おめえ

それじゃ銀座ホームレスなんざっていけねぞ」. もわからずついていくと

その通称ヤッさんはくべき達人で. 築地市場高級料理店

して生活するホームレスだった.

いもんと人間きなことだけかなだらけのヤッさんは

には料理人ばし世界こるアツイ事件解決芬走する.

やがて弟子入りしたタカオにも, 成長われる試練れるが...

愉快度バツグン, 啖呵痛快ユーモア人情小説決定版

노숙자라는 이미지를 완전히 바꿔주는 재미있는 내용이었다. 주로 음식점을

그리는데....

名探偵誕生 : 似鳥鷄

神様.どうか彼女幸福」―王道かつ斬新. 似鳥鶏直球青春ミステリ! 

となり幽霊団地シンカイく--- 小学だったは,

学校だちとささやかな冒険た. その冒険不穏したときけて

くれたのが名探偵ちゃんだった. 彼女のとなりで成長していく々の

なかで, 日本中がせることになるあの事件きる――.

오랜만의 대학생을 모델로 한 정통추리소설을 읽었다. 다섯 개의 중편인데

젊음을 느끼면서 재미있게 보았지만 책이 두꺼워 자세가 안 나와 좀 힘들었다.

* 夜明けの東野圭吾

不倫するなんて馬鹿だとっていた. ところがはその臺詞自分

してしなければならなくなるー 建設会社める渡部派遣社員

仲西秋葉不倫ちた.

2急速まり, 渡部彼女える複雑事情ることになる.

15年前, 父親愛人される事件こり, 秋場はその容疑者とされて

いるのだ. 彼女真犯人なのか

渡部く. まもなく事件時効えようとしていた....

전에는 이 작가의 추리소설을 무척이나 즐겼었는데, 오랜만에 읽어서인지

아니면 이런 내용이 못마땅해서인지 별 재미가 없어 며칠을 두고 읽었다.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

추운 겨울날....  (0) 2019.02.17
일본 소설 메모 (58)  (0) 2019.02.15
일본 소설 메모 (57)  (0) 2019.01.24
장 보기(2) : 2019/1/17  (0) 2019.01.17
일본 소설 메모 (56)  (0) 2019.01.03
Happy New Year !  (0) 2019.01.01

댓글을 달아 주세요