일본 소설 메모 (56)   -   잡문 [雜文]

東京夜話 : いしいしんじ

田町のアパートの一室にひっそりとあったのバー

詩情溢れるうつぼかずらの」。新宿にも可憐なダッチワイフをける

天使はジェット気流って」。大海出会った二匹築地いをげる純愛物語

グロマグロとシロザケなど東京部台とする18。「ぶらんこ前史

時代原石魅力のデビュー短編集とーきょう いしい あるき改題.

이 작가의 데뷔작이라 그런지 일본 곳곳을 안 가봐서 그런지 별로 느낌이 와 닿지 않았다.

* 朱夏警視庁强行犯係)樋口顕 : 今野敏콘노빈)

あのえたがかりもさずに樋口警部補れぬした

そして信頼する荻窪署氏家けをめたのだったあの恵子見知らぬ

誘拐され部屋監禁されただが優秀刑事だーー

その誠実さで々の事件解決した刑事えてきたつの視点から真相

がらせる本格警察小説

오랜만의 경찰 추리 소설이라 흥미롭게 읽었다. 없어진 자기 아내를 찾는 형사의

이야긴데, 남의 일 같지 않기에 밤 늦게 까지 마음 조리며 독파했다.

* その : 柴崎友香しばざきともか

ここがどんなんやったかりたいねん。。。28ちゃんはめていた会社

倒産カフエでバイトをしているめて参加したのに最低最悪だったコンの

年下良太郎くわした二人って大阪写真一緒たりする

ようになりーー った時間やささやかな日常みこみ姿えていく大阪

きる若者々をかな物語

오사카를 그린 스토리로 별 내용은 없었으나 여행했던 곳을 떠올리며 잠자리에서 읽었다.

をつぶしながら : 田辺聖子

35乃里子との結婚解消とともに中谷財閥から解放されて仕事

友情した一人暮以上せってないんじゃない? しかし自分

将来姿なぞらえていた女友達しい出来事そのときべて

くれたのは。。がいるから一人でもきていける

좋아하지 않는 작간데 이 소설도 별로였다. 이제 별 재미없는 장편소설은 읽기가 힘들다.

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본 소설 메모 (57)  (0) 2019.01.24
장 보기(2) : 2019/1/17  (0) 2019.01.17
일본 소설 메모 (56)  (0) 2019.01.03
Happy New Year !  (0) 2019.01.01
장 보기  (0) 2018.12.17
일본 소설 메모 (55)  (0) 2018.12.09

댓글을 달아 주세요