私の日記 その百四   -   잡문 [雜文]/日本語

 

パソコン使いはじめて息子一度古いのをえてくれたのがいつ

もうれたが相当月日ったようでいろいろと不便だったので自分のを

新品えるついでにのもえてくれたのが昨日だった

毎日有時間をパソコンのごすにはよりもいお土産である

息子部屋二人のパソコンとしてほとんどの時間ごしているわけで

しいパソコンはすごくうれしかった

パソコンの必要部品をインターネットで注文昨日朝配達された

れるまで自分のとのパソコンをたにセットしてくれたのだ

機械いじりなど全然だめだとっていた一人んでいるのをにも

たたないうろつくのもましくなさそうでキッチンに食事

準備したものだ

のパソコンえはわり無用になった品物をごみぶため

三回階段がったりがったりしつつどれほど足下ったことだろう

おおまかに後始末十一時った

そして今日ふだんより早くパソコンをけたうわあすぐ画面! 

キイをすや画面かんだ鼻唄そうだった以前息子えて

くれた当然のようにったものだが今度らしくまた有難かった

ずっとくだろう々をかい部屋でやりたいことでもできる?!パソコンと

ごすようになったのがよりもうれしくてまた有難かった

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百五  (0) 2019.01.07
私の日記 その百四  (0) 2018.12.22
私の日記 その百三  (0) 2018.12.11
私の日記 その百二  (0) 2018.11.24
私の日記 その百一  (0) 2018.11.02
私の日記 その百  (0) 2018.09.24

댓글을 달아 주세요