おわら風の盆   -   손님글 [客文]





北陸・富山県に、9月1日から3日まで、おわら風の盆
という、秋祭りがあります。台風の被害が少ないことを
祈って、住民が、歌い、踊る祭りです。
신고

'손님글 [客文]' 카테고리의 다른 글

狐の火祭り(きつねの嫁入り物語)  (1) 2009.10.02
전생(前生) - 보안스님  (0) 2009.09.27
おわら風の盆  (4) 2009.09.01
가을이 오는소리^^*...  (1) 2009.08.30
모나코、작지만 매력 넘치는 나라  (0) 2009.08.13
暑中お見舞い  (3) 2009.07.27

댓글을 달아 주세요

  1. yoohyun reply | del   2009.09.01 12:23 신고
    いまいちさん こんにちは
    おわら風の盆踊りが今日から始まるんですね。前に送ってくださった小説読んで
    この季節になると観た事もない風の盆踊りがよみがえります^^;
    一度この目で確かめたいですけど、やっぱり不可能に終わるでしょうね。
    ところで、’おわら’ってどんな意味でしょうか?
  2. imaichi reply | del   2009.09.03 13:59 신고
    yolineさん こんにちは
    「おわら」は囃子詞(はやしことば)富山県富山市八尾(やつお)町の民謡で,盆踊り唄。
    三味線,胡弓,太鼓の伴奏で歌い踊られるもの。
    源流は日本海沿岸の酒席の騒ぎ唄を、そのように言いますが、最近は、越中おわら節を
    意味するように、なりました。ほかには、鹿児島おわら、が、有名です。
    初日8萬人、二日目7萬人、三日目は、4萬人ほどが、見込まれています。
      2009.9.4pm2.00
    imaichi
  3. yoohyun reply | del   2009.09.04 10:17 신고
    いまいちさん
    「おわら」の説明ありがとうございました。了解です*^^*
    盆踊りも昨夜で幕を下ろしたでしょうね。盛大に終えたはずだから
    この秋はなんの災難もなく豊富な収穫を得ることと思います。
  4. imaichi reply | del   2009.09.05 07:45 신고
    yolineさん
    スライドショーですが、下記URLで曲を聴きながら、
    36シーンを見ることができます。
    <a href=http://imaichit.pro.tok2.com/owara.wmv target=_blank>http://imaichit.pro.tok2.com/owara.wmv</a>
           

九月の足音   -   잡문 [雜文]/日本語

                        


じっと堪えていたら間違いなく季節は変わると自分に言い聞かせながら
辛くて長い、気持悪く暑い日日を送っていたら、ついに夏の威勢が尻尾を
隠しました。そして九月の足音がすぐ身近に寄ってきました。
二三日前まで寝付くためにはクーラーを入れねばならなかったのに、
昨夜窓を閉め、きちんと布団を掛けて眠ったのが不思議なくらいです。
今年の夏も無事に過ごせて良かった、有難うとつぶやきました。

この夏はろくに散歩もせず家でごろごろしてましたが、9月初旬に親友と
旅の計画を立てているので、まずは体調を整えばと、夕食後の9時頃から
約30分間近所を散策することにしました。夜になると多少気温は落ちても、
熱気は残っていて歩くと背中に汗がながれましたが、昨夜の大学キャンパス歩きは
ほんとに最高でした。爽やかな風がひんやりと肌を包み、ほどよく配置された
外灯が闇に溶け、空高く半月がきれいな顔を見せていました。木陰でタバコを吸う
大学生の姿もカッコ良く、腕を組んで帰路につく男女のシルエットが遠い昔を
偲ばせたりしました。

彼と最後に逢った夜も蒸し暑い8月末だったなあ、と想いが半世紀を飛び越えます。
冷房はおろか、扇風機さえ備えていない劇場で、映画を観る間中一時も休まず
団扇で風を送ってくれたやさしい彼、今頃どんな姿になっているだろう。
おなじソウルの空の下で暮しながら、ここ30年一度も巡り合えないなんて....

朝、雨の音で目が覚めました。その音が去り行く夏のすすり泣きに聞こえ、
なんと味気ないばばあなんだと、自嘲します。'秋雨、傘の中'という題の
古い歌のように、叙情的にはならなくとも、もうちょっとロマンチックな気分に
なっても良さそうなものを...
ついでに歌の歌詞を訳してみました。

'秋雨、傘の中'
恋しさが雪のように積った路を
独りで歩く、諦めきれずに
流れる歳月とともに 薄れる顔が
どうして まつげに 再び浮かぶのか
優しかったその目や声は何処へ
痛む胸をなだめつつ 探しさまよう
秋雨 傘の中に 露が滲む
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

無駄に費やした一年  (0) 2009.12.24
日本映画'眼鏡'  (0) 2009.10.04
九月の足音  (2) 2009.08.30
「人生は山坂多い旅の道」  (1) 2009.07.21
蚊との戦争!  (0) 2009.07.14
眼を見張った  (2) 2009.05.15

댓글을 달아 주세요

  1. imaichi reply | del   2009.09.24 06:52 신고
    yolineさん
    なかなかの名文、感動して&#25309;&#35501;いたしました。
    半世紀前の&#38738;春時代、目に浮かぶようです。
    半月を入れた寫眞、ロマンチックに感じます。
  2. yoohyun reply | del   2009.09.25 00:24 신고
    いまいちさん こんばんは
    昨夜三日月を窓から眺めましたが、あと一週間もすれば
    秋夕の&#28288;月を見れますね。月を眺めるとなぜかロマンチックになります^^;
    名文とおっしゃるのは&#21169;ましのつもりでしょうね。はい、がんばります。