私の日記 その八十四    -   잡문 [雜文]/日本語

 

十月二十日(金曜日)

ずっと家に閉じこもっていて細々とした用事が貯まったので娘と久しぶりに

外出をした。簡単な仕事も一人で出来ずいちいち娘に依存する自分が情けない。

市内まで出掛けるのだから昼食は好きなものを奢るといったら久しぶりに

思い出の街へ行ってみようと娘が誘う。

中心街で大体の用事を済せ娘が引導する所へ向かったが、なんと自分が学生時代に

通った道路に導くのだった。私はすっかり変った何十年ぶりの大通りを感嘆の

声を上げながら歩いた。とても静かだった通りが細々としたいろんな店で繋がっていて,

ひときわ賑わうのは観光に来た外人等に人気があるからだろうか。

中国の娘等が韓国衣装を纏い棒につけたカメラを掲げて嬉々と写真を撮りながら闊歩し、

西洋男女等がギフトショップを覗き回っている。いつからこの広くもない

通りがこれほど観光名所になったのだろう。古い街で韓屋が多くそのまま残っていて

古宮も近くにあるからか。。。
 

さなレストランへったテーブルつに男性從業員四名午後一時過ぎだったので

私達ともう一組かな音楽れていて雰囲気若者向けの垢抜けた

二人ったハンバーグステイクも野菜サラダもって美味しかったが

のような年寄りが懇意になるではなさそうにえた

せっかくれたりなのでどれほどったか一回りしようとゆっくりした

では全然違雰囲気になったとうがには物珍しい建物家屋

コンビネーションが興味深かった

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その八十四   (0) 2017.10.26
私の日記 その八十三  (2) 2017.09.30
好き嫌い  (0) 2017.09.03
私の日記 その八十二  (0) 2017.08.30
思い出に耽って。。。  (0) 2017.08.11
私の日記 その八十一  (0) 2017.08.04

댓글을 달아 주세요

           

일본 소설 메모 (36)   -   잡문 [雜文]

 

* いところでわせ : 乙一오츠이치)

視力をなくしかにすミチル職場人間関係むアキヒロのホームで

きた殺人事件しい二人わせた犯人としてわれるアキヒロはミチルの

居間みにうずくまる他人気配えるミチルはるため

らないふりをしようとめる奇妙同棲生活まったカバ

재미있게 읽었다. 아쉬운 점은 너무 설명이 장황하다는 것. 색다른 추리물이라고나 할까

이해 안 되는 내용이 마지막에 산뜻하게 정리되는 게 작가의 재주인 듯. 영화화되었다고함

*クローズド・ノート : 雫井脩介시즈쿠이슈스케)

堀井香恵文具店でのアルバイトと音楽サークルの活動勤謹ごく普通大学生

友人との関係良好アルバイトにもやりがいをじてはいるが物足りないいを

かかげたえたまま々をごしているそんななか自室のクローゼットで住人

れたとしきノートをつける興味本位でそのノートをにする香恵じられた

ノートがかれた時彼女平凡日常きくりはじめるのだった。。。(カバ

처음엔 젊은이의 연애소설인가 했는데 재밌게 엮인 미스테리풍의 흥미있는 줄거리다.

번역본으로 읽은 딸아이의 추천도서인데 읽으면서 이 작가가 좋아졌다.

*おくりびと : 百瀬しのぶ모모세시노부)

こりゃ誤植のお手伝いじゃなくてらかな旅立ちのお手伝だからうちは

小林大悟求人廣告NKエージェントをれると社長からいもよらない

業務内容げられたNK納棺遺体める仕事大悟美香

けられなかった。。。をユーモアと感動っていたあとには

きな物語。(カバ

첼리스트가 직업을 잃고 아내와 고향으로 돌아와 새로 얻은 직업이 장의사, 읽으면서

계속 찜찜한 마음이었지만 엮은 줄거리는 그런대로 재미있었다.

*スープ・オペラ : 阿川佐和子아가와사와코)

ルイ独身35女手ひとつでててくれた叔母さんが還暦突然ちて

出奔. 一人残されたルイのにはひょんなから二人独身男がりんできた

初老だけどモテモテのトニーさんと年下気弱康介唯一つの共通点はスープ

屋根すことになったそんな三人関係そして叔母さんの行方

かくキュートでしだけ辛口物語。(カバ

공감은 할 수 없었어도 그런대로 재미있게 읽었다. 여류작가답게 세심한데 신경을 써서

글을 엮어놓아 지루하지도 않았다.

저작자 표시 비영리 동일 조건 변경 허락
신고

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

*일본 소설 메모 (37)  (0) 2017.11.19
기억력 감퇴  (2) 2017.11.01
일본 소설 메모 (36)  (0) 2017.10.23
무료한 하루  (0) 2017.10.16
일본 소설 메모 (35)  (0) 2017.10.04
독서는 나의 동반자 ?!  (0) 2017.09.18

댓글을 달아 주세요