[隨筆] 外交は踊る [48 ] : 崔浩中   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

g.  李範錫長官

李範錫長官大韓赤十字社靑年部長1960年民主党政権時外務部書記官として課長ばくも課長になったはその因縁UN代表部その後座駐美大使館った時丁一權大使丁大使外務部長官になるや本部儀典長起用された

当時儀典長局長職級だったがはその五年余在職する間外務部職制数次変えながらついに大使職級にまでがったのだ

1970月駐チュニジア(Tunisia)大使になった一年半目南北赤十字会談首席代表になって赤十字平壤往来しつつ民族的英雄になったしかしみんなの期待のように会談がうまく進行されなくなるや19766外務部復歸してインドネジア大使になったその頃本部企画管理室長だった自分權限範圍內行政的志願った

インドネシア大使職遂行しつつつの業績した大使館事務室建物大使官邸新築したのだニューデリの立地條件しくいのでそれほどきい建物てるのが容易くなかったけれども々なしさを克服しつつその仕事立派しとげた必要資材めるためにずと香港もしたものだソウルオリンピック競技場設計げもした金壽根氏設計によっててられた大使館建物外観れていてニューデリの観光名所にまでなった

ソウルへった統一院長官, 大統領祕書室長19826月外務部長官になったはマレーシアに目指したのをっていた、「一度決心しただなあ感嘆したものだ

その全斗煥大統領がアフリカ巡訪途中マレーシア・ペナンPenang)って一泊した李長官公式隨行員一員としていてはその機会李長官身上問題でおいをつした常夏マレーシアへ赴任して三年半にもなったヨーロッパ地域のようなしてくれとんだのである

李長官適当があるかといたはブリュッセルではいでしょうがえた其処にはEC本部があるが經濟分野いた経験のある適当ではないだろうかとの理由げたのだ李長官Reasonable反応せつつえてみようとった

わり年初定期公館長異動があったはブリュッセルへの發令けたんだになりすごくしかったしかった赴任にしてソウルへ李長官感謝挨拶べると李長官以前自分駐印度大使だっよくけてくれたことへのいとったいことをうのは筈無いとからったものだ

李長官野心だった外務長官職立派にこなしそれをにして一層高がろうとんでいたのがらかだったそれは国務総理だった聘父である李允榮氏国会認准けられず署理わったみをらしてげようとの心算であったのかもれない

其故李長官はすぐれた業績げようと過度しくるような印象だったしくの部内職員等がそれをわなかった代表的公館長採点制導入だった公館長現地活動不足だとしてそれを活性化しようとの意図だったろうが駐在国外務長官ねてえば何点晩餐招待すれば何点新聞インタビュー記事ると何点本部する措置れて督促ければ減点といった制度どれほどようとしても我等生理わないだったのだ

普段関係要路親密関係維持している関係電話一通交渉目的達成する公館長点数れないことに電話では足下にもばないので訪問して夕食して高価御土産をあげてようやく交渉目標達成するかかの公館長ずっと点数ける不合理性指摘されもした

このように可能方法総動員して上部よりめられようと骨折った李長官だったが198310Rangoon発生したアウンサン蠻行事件横死げたあれ程健康意地强靭言辯れたが毒氣んでんでくる凶彈としてもかったのだ

非報するやベルギー大使館殯所えて弔客えた. しかしそれが必要があり李長官気休めになっただろうか

翌年公館長会議のために帰国して国立墓地李長官ねたただ人生無常めてじつつ冥福かにるのみだった

 

댓글을 달아 주세요

           

일본 소설 메모 (50)    -   잡문 [雜文]

 さがしもの : 角田光代

そのつけてくれなけりゃぬにねないよ」、病床のあばあちゃんにまれた

一冊奔走した少女さがしもの」。めてった古本わぬ再会

たすする」。主不明詩集まれたれの言葉手紙などつの物語

無限がる書物宇宙偶然出会ったことばの魔術はあなたの人生かしめる

この世界存在することに改題.

아홉 개 단편인데 옛 생각도 나게 하고 공감도 할 수 있어 단숨에 읽었다.

 

バイバイブラックバード : 伊坂幸太郎

星野一彦最後いは何者かにあのバスれていかれる五人恋人たちに

れをげることそんな見張常識」「愛想」「」「色気」「上品」  これらの

単語したマイ辞書乱暴大女繭美なんとも不思議数十間

おかしみにられたグッド・バイストーリー<特別収録伊坂幸太郎ロングインタビュー

인내심을 발휘하여 끝까지 읽기는 했는데 나 같은 사람은 절대로 이해도 상상도 할 수 없는

스토리였다. 이 작가의 소설은 열권 이상 재미있게 읽었는데, 이건 정말 별났다.

 

* への吉村昭요시무라아키라)

平穏々の次代する倦怠無力感そこからようとしながら

ふとかれたという言葉奇妙っぽさの集団自殺てる少年たち

その無動機遊戯性裏付けられた冷徹かつ卽物的手法詩的美昇華した

太宰賞受賞表題作鉄橋」 「少女架刑などしなやかなロマンティズ

それを堅個現実との出会いに結実した.

제목을 포함한 6편의 중편소설인데, 내 취미에는 맞지 않는 글들이라 다 읽는데

꾀 시간이 걸렸다.

(みさきにて : 乃南アサ

かっての恋人故郷でその不在うキャリア・ウーマン土地への転居

じゃばゆきさん」。整形して結婚離別した従妹として

ろうとするむとめたのもとをねる々と

魔性彼女たちはさまざまにれていく女性真理描写際立短編精選

單行本未收錄作品追加したベスト・オブ・ベスト第二弾

단편 10개인데, 읽을만한 것은 몇 개 없고 다 그저그랬다. 길지 않아 시간 죽이는데는

적당하다고나 할까.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본 소설 메모 (50)   (0) 2018.09.13
오랜만의 외출  (0) 2018.09.11
일본 소설 메모 (49)   (2) 2018.08.30
일본 소설 메모 (48)   (0) 2018.08.11
私の日記 その九十七   (0) 2018.07.24
일본 소설 메모 (47)   (0) 2018.07.19

댓글을 달아 주세요