札幌   -   기행문 [紀行文]

函館で乘った札幌行き汽車は土曜日の午後のせいかほぼ滿席だった.
座席を廻し三人が向い合って坐っていると發車直前に
ジョルジオ.アルマニ風バ-バリを纏ったすかっとした30代の靑年が空いている私の側に
輕く頭をさげながら掛けた.  
 


私達は話を打ち切り, 彼が本を出して讀み始めるや, 品定めでもするように上下を眺めまわした.
札幌驛は北海道隨一の都市の玄關らしくただっ廣い.
すごい人波に押され外に出ると驛からまっすぐ伸びた大通りは
色とりどりのネオンに埋もれていた.
5時が過ぎたばかりの北國の空はすでに暗黑, タクシ-を拾い,
Aが厚生年金會館と書いた紙切れをドライバ-に見せるとうなずいて動きだした.
年金會館というので古い小さな建物と思っていたが, 何と驚くほど立派なマンモスホテルだった.
週末で結婚式でもあるのか華やかな振り袖姿の若い女性や, タキシ-ドを着けた男性が
ロビ-のあちこちに佇んでいた.

部屋に荷物を置き再び外に出てタクシイをひろった.
ずっとただの車ばかり乘ってたのがいちいちタクシ-代を拂ってみると馬鹿にならない額で,
何かもったいない氣がする.
大通りで降り百貨店に入った. 女達はどうしてこうも百貨店を好むのだろう.
ぜひ求めねばならない品物があるわけでもなく,ファッション界ではたらく
キャリアウマンでもないのに, 各階の隅隅まであさりながらむだ步きをする.
地下の食品部は閉店間際の騷騷しさの中で殘りの賣りさばきに必死だった.
おのおの必要な物を少しづつ求めた後, すぐ夕食を取るからと止めるのを無視して,
私は美味しそうに見える太卷き壽司を買った.

驛の地下食堂街で簡單に食事をすませホテルにもどった.
順番にシャワ-を浴び私がお茶を入れると, '
すし何處へ置いた?'と二人が同時に言うので思わず苦笑する.

翌朝知人がまた迎えに來た.
午後の航空便で歸るので荷物を車につみ市內觀光に出掛ける.
昨夜のきらびやかな大通りは何處へやら, 町全體ががらんとした灰色に變っているのは
日曜日のせいだろうか.
冬季オリンピックが行なわれたジャンプ臺に昇り札幌市內を見下ろし,
時計塔で知られている博物館で彼等の開拓史をうかがったり, 展示された馬車に乘って
記念撮影を撮る間にも時は休むことなく流れ行く.
近代美術館で催している日本繪畵展を觀覽したのは大きな收穫だった.

尨大な北海道大學のキャンパスを車で走りながら, 建物が以前東崇洞にあった
ソウル文理大に似てるような氣がしてならない.
アメリカから招聘されたクラ-ク初代學長の胸像にはちゃんと彼の名言,
'Boys, be ambitious!'が刻まれていた.
黃色く染った銀杏の落葉を踏み, 晩秋を全身で感じる.

知人は千歲空港まで私達を送ってくれた.  
'ほんとにお世話になりました. で, いつ頃ソウルへもどりますの?'
'さあ, 當分の間はここを離れないかも....'.
今度は登別のような大聲ではなく靜かに別れを惜しんだ.
やがて私達は手を振りながら保稅區域へ入った.   - 終り -

'기행문 [紀行文]' 카테고리의 다른 글

여인삼총사의 홋카이도 나들이  (0) 2003.03.09
지리산에 가 보셨나요?  (0) 2003.03.09
札幌  (0) 2003.03.07
函館のエトランゼ  (1) 2003.03.07
kamakura(鎌倉ひとり旅 )  (0) 2003.03.07
` 女人三銃士の北海道旅 `  (1) 2003.03.07

댓글을 달아 주세요

           

函館のエトランゼ   -   기행문 [紀行文]

登別で汽車に乘るまで土砂降りだった雨が南へ向ううちに少しづつ弱くなり, 函館へ
降りた時にはきれいに上っていた.
改札口の前で私の名前を書いた紙切れを胸にあてて立っていた一人の老紳士が,
私達と目が合うと微笑みながら近付いて來た.
札幌の知人から賴まれたと,  自分の車に案內する彼に從いながら, 正直言って私は
內心ほっとした.
豫約した旅館ですぐ夕食になった. 腹がへっていたので料理が特に美味しい.
私達を函館山へ案內するといって下で待っている老紳士を氣にしながらも,
固體燃料で煮る寄せ鍋やさしみ, 揚げものなどを無中に食べた.

晝の大雨で一時統制された函館山への昇り道が, 今しがた解除になったそうで車は
まばらだったものの, 大膽な老紳士の運轉ぶりに私達は度膽を拔かれた.
民團に所屬しているので, 韓國より偉い人が訪れる度に案內役を務めねばならず,
おかげで今は目をつぶっても昇られると, 愚痴とも自慢ともつかぬ話をしながら,
曲りくねった山道を走る. だまっていても目が眩みそうなのを彼はしきりにあちこち
指差しつつあれはどこであの丘を越えると何があり, と說明にきりがない.
ちらと隣りのAを見ると唇まで眞っ靑になって取っ手をわしづかみにしていた.

函館山頂に立つと夜風が冷たく,  みんなコ-トのえりを立てる.
扇のように廣がった市街地は明りでまぶしかった.  
沖に出ている烏賊漁船のライトまで加勢して, すばらしい眺めではあったが, 彼等が誇る,
いわば寶石箱をひっくり返したような, 百萬ドルの夜景には乏しかった.
別に感動を示さない私達をちらと見た彼が殘念そうに
 '天氣が好くないので漁船もひかえ目だし, ビルのライトも消えてるのが多いので,
いつもより眺めがぐんと落ちますね'と辨明がましく言った.

歸りに照明を浴びたハリスト正敎會や舊函館公會堂を見せて貰った.
白い壁に綠色の屋根をのせたビザンティン樣式のハリスト敎會はまるで西洋の小さな
町の中に迷いこんだような錯覺を起させる. 旅館へもどるともはや十一時を越していた.

昨夜あれほど固く拒ったにも拘らず,老紳士は朝8時に再び現れた.  
特に見たい所があるのか聞いた後,
'では僕が2,3個所案內しましょう' と言い, まずトラピスチ-ヌ(Trapistine)修道院へ
私達を連れて行った.   赤煉瓦の小綺麗な修道院は禁男の家で, 約70名の修道女達が
自給自足の生活を營んでいるそうな. わが國の尼も十名程居るそうだが, 勿論かいま
見ることも出來ない.  彼女らが造るバタ-キャンディやアクセサリ-等は函館の
名物として飛ぶように賣れるという.
秋の情趣をたっぷり含んでいる庭園で, 私達は老紳士と記念寫眞を取った.

函館港に沿ってドライブを樂しむ. 明治時代に建てた煉瓦の倉庫群を, 外觀は
そのままにし, 內部だけをショッピングセンタ-に變えたというウォ-タ-フロントを
通り, 函館ドックを遠く眺めながら, 外人墓地をひと廻りする.  
長崎と共に日本で最初に開港されたというこの町は, 日本離れのした西洋風建物が多く,
とりわけ坂道が多かった.

立待岬でちょっと休むことにした.  
目の前に果てしなく廣がる津輕海峽, その向こうが本州の靑森であろう.
1900年初に靑森と函館を繫ぐ靑函海底トンネル工事を筋にした映畵を,
テレビで見たような氣がする.
老紳士が海に突き出た大きな岩を指しながら,  
2次戰爭の時, 韓國より賣られて來た一人の少女が, その上から身を投げて命を斷った
悲しい物語をぼそぼそと語った.

明治維新の際薩長軍に敗し, 海を渡って逃がれた幕府軍が最後の戰いを準備した,
洋式城郭の五陵郭前を通り, 赤や綠の色も鮮やかな電車を懷しく眺めるうちに函館驛に
着いた. 晝食でも, と誘ったが老紳士は重要な約束があると鄭重に斷わる.
'ソウルへいらしたらぜひ電話下さい. お世話になった恩返しをいたしますから'  
これは私達の本音であったが老紳士は穩やかに微笑えみ, どうも, と言っただけだった.   

'기행문 [紀行文]' 카테고리의 다른 글

여인삼총사의 홋카이도 나들이  (0) 2003.03.09
지리산에 가 보셨나요?  (0) 2003.03.09
札幌  (0) 2003.03.07
函館のエトランゼ  (1) 2003.03.07
kamakura(鎌倉ひとり旅 )  (0) 2003.03.07
` 女人三銃士の北海道旅 `  (1) 2003.03.07

댓글을 달아 주세요

  1. ザックス reply | del   2003.03.12 16:51 신고
      私共もしばらく前に夜の函館山に登り、トラピストや立待岬へ行きましたが、老紳士を配する事で、一種の短編になっていますね。
    単なる紀行でないところ、さすがと思いました。