メンテを怠けたわけは...   -   잡문 [雜文]

4年餘りの間, 咳一つする事無く甲斐甲斐しくはたらいてくれた物が
突然氣絶してまったからです. 何の對應も出來っこない私は
途方にくれ, ただいらいらするばかり....

一つ屋根の下で暮す藪醫師が, 腹を切り開き, あれこれいじくり
じっと見つめたあげく, 內臟の2-3個が馱目になったから新しい物と
取り替えねばならぬと結論を出しました.

正品を求めたのだから, その會社に連絡して,手當を受けたらどうかと聞く私に
馬鹿にならない金をふんだくれてもかまわないのかと言いつつ,
自分にまかせろと胸を張るので, 有難くて淚がこぼれるほどでしたが,
なにせ部品の名前一つちゃんと分ってない私ですから
口を開く度に邪魔せずだまってろとどなられ, むっとして成り行きを眺めていると
もどかしくって...

インタ-ネットで內臟を注文し, 何が間違ったのか注文しなおし,
そうこうする一週間, とにかく死ぬ思いでした.

人間には實に奇妙なところがあり, 今すぐやらないとひどい目に會う仕事でもないのに,
これをやらねば, あれを送らねば, と次次に色んな作業が頭を惱ますのです.
まあ, いつの間にパソコン中毒にかかったようです-_-;

漸く昨日の眞夜中に完治されたと告げられた時は萬歲でも叫びそうでした, ホント!

* 自分を藪醫師と呼んだと, 彼, かんかんになり
正常價3分の2で最新ヴァジョンにしてあげたのに, 恩知らずとののしられました ^^;

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

바보상자 아닌 걱정상자  (0) 2003.04.25
담배, 그것이 문제이다  (0) 2003.04.25
メンテを怠けたわけは...  (0) 2003.04.19
컴 없는 세상, 불꺼진 항구 ^^;;  (2) 2003.04.19
빛바랜 젊은날의 풍경화  (1) 2003.04.05
덜렁이  (2) 2003.04.04

댓글을 달아 주세요

           

駐日二等書記官 (五)   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

.韓日會談
初めて得た息子, 在植の生後百日祝いを終えて間もなく, 私は日本勤務の發令を受けた. 當時はまだ日本との國交が正常化しておらず, 我等の公館は大使館でなく代表部となっていた.
私は單身で赴任した. そして住み家を探し, 必要な家財道具を整え, 約一ヶ月後東京へ家族をまねいた.
日本の生活はソウル生活と別に變ったところも無かったので暮しに不便はなかった. 家內も日本生活を樂しむ樣子だった.

私は代表部の經濟課に配屬された.
その頃, 韓日間では國交正常化に關する會談が開かれていたが, どうもらちがあかなかった.
日本代表の久保田さんが, 日本は韓國統治の際鐵道を建設し下水道を造るなど, 韓國の發展に多く寄與したといった妄言を述べた事で, 長い間決裂狀態におかれていたが, 1964年10月に金東祚前外務次官が裵義換大使の後を次いで日本に赴任するや, 俄然活氣を帶び始めた.

ソウルより多岐にわたる代表らが來日し, 各分科委員會にわかれて會談に取り組んだ. 私も代表團の一員に任命され, 韓日間の基本關係を再定立する基本條約締結の交涉に參加した.
交涉は難航に難航を重ねていたが, 必ず國交正常化を成しとげてみせるといった兩國の强い意慾に基づき難題が一つ二つほぐれ始めた.
日本外務省で行われていた會談は, 夜更し交涉が頻繁になるや, 場所をヒルトンホテルに移した. 何よりもまず食事に不自由させない配慮からだった.
實務陣の間で高聲が飛び交い, 互いに張り合ったまま, 解決の絲口を探せぬほど深刻になると, 金大使と牛場外務審議官が調整に進み出て慰撫することもあった.
再び場所は箱根に移された. 靜かな雰圍氣が欲しかった爲だ.

獨島の領有權, わが國に對する日本側の賠償, 在日僑胞の法的地位等, いくつかの核心問題のみ未解決で殘された頃, 李東元外務長官が日本を訪問した. 當時, 日本內の左翼系及び朝總聯では韓日國交正常化を猛烈に反對していた狀況だったので, 宿所迎賓館までの道路は交通統制され, 沿道には50メ-トル間隔で警官が立ち竝ぶほどだった.
李長官は公式訪日の日程が終っても日本を離れようとしなかった.懸案問題の妥結を見るまで座を離れぬと, どっかり腰をすえたのである.
李長官は, 公式日程が終ったからには日本政府の好意に甘えられぬと, 迎賓館を出, ヒルトンホテルに宿を移った後, 日本の讓步を强要した.

.國交正常化
樣樣な迂餘曲折を經て漸く韓日會談は妥結に漕ぎ着いた. 基本條約を始めとする數多くの條約, 協定, 合意文書等の署名式は佐藤榮作日本首相のアイディアに從い首相官邸で行われた.
1965年6月22日, 署名式場に參席した私は實に感無量であった. 過ぎ去りし少年時代, 日本植民統治下での色んな屈辱的事がらが頭に浮んだ.
朝會時には東京の方面へ向かい宮城遙拜を强いられ, 續けて"皇國臣民の誓詞"を大聲で唱えさせた. 學校では日本語だけでしゃべればならず, 日本名に替える, いわば創氏改名を强要された.
そればかりか, 日本の慶祝日には天皇夫婦の寫眞を覆い被せた幕が上る間, 日本國歌を聽きつつ,ずっと頭をさげていなければならず, たれる鼻水をすするといって叱られもした.
戰爭が終りに近づいた頃は, 勉强などほうりだし, 中學1,2年の幼ない身體で空襲對備の爲の家屋壞し作業に動員され, 又は飛行場造りの現場で數箇月間重勞動を强いられた.

ついに主權回復を取り戾したわが國から立ち退くことになった日本が, 數えきれぬほどの罪の代價として我等に與えたのは果して何なのか.
今日, かの日本より謝罪を受け, 代價を支拂われることになったと思うと, 一種の興奮までわきあがった.

署名が終ると, 別室の大ホ-ルで祝いの宴が開かれた. 佐藤首相は相當滿足氣味だった. 隣國との國交が樹立されたので, 惱みの種が取れせいせいしたであろう. それに歷代の總理大臣が果せなかった大事をついに自分が成し遂げたといった高慢心が彼の肩に力を入れさせたろう.
韓國政府を代表して條約に署名された李東元長官と金東祚大使の表情も同じく明るかった. まだ陽は頭上で輝めく眞晝であったにもかかわらず, 彼等と我等は續け樣に祝杯をあおった.

苦勞を重ねて妥結に至った條約と協定文は, 韓.日兩國の國會より批准されるまで再び少なからず困辱を受けねばならなかった. 獨島の領有權に關する明瞭な表現を避けたまま, 妥結されたのが氣にくわなかったわけだ.
日本議會では, 韓國外務長官が竹島(獨島)を韓國の島と言ってるが, どういう事かと詰問した. 答辯に立たれた椎名外相は, 極めてけしからん事だと短く述べ,とぼけたと言う.
わが國會では野黨議員らが壇上を占據する騷動まで犯しつつ,どうして獨島がわが領土であるとの文書に日本政府の判こを貰って來なかったのかとまくしたてた.
李東元長官は, 自分の家內を自分が連れて住めばそれで事足りるわけで, 自分の家內であるとの證明を隣りの男から貰う必要など何處にもないと對應した.

國交が正常化されると代表部は大使館に昇格した. 金東祚大使が駐日本初代大使として日本の天皇に信任狀を提呈した. 金馬車に乘って大韓民國の大使が堂堂と宮城へ入る場面は實に壯觀であった. 大使館內の序列がまだ高くなかったので, 制限された隨行員の中に私は入れて貰えず少なからずがっかりした.

國交樹立と共に日本人の韓國訪問が許容されると, 日本の商人の間では, 韓國行きバスに乘り遲れるな, と言う流行り言葉が出廻った. 總6億弗で合意された請求權資金をもって韓國側では間違いなく多くの日本商品を購買するだろうから, この機會に一儲けしようとの下心から出た言葉だろう. 大使館經濟課長に任命された私は, 每日大勢の客を迎えるのに忙しかった.
尙, 私は年拂條件で日本のプラントを導入する仕事に關聯していた爲, 外務省や通商産業省へもしげしげと訪れることになった. 合成纖維工場, 肥料工場, セメント工場等が次次と導入された.
日本三菱商社を通じてセメント工場を導入する決定をおろした數日後, さるパ-ティで三井物産の幹部一人に出會った. 彼は, 韓國政府があの高額で三菱會社を通じてセメント工場を買い求めるのはまことなのかと皮肉っぷりに尋ねるのだった. そうだと答えると, 確かな話だったか, と驚くそぶりを示し, 自分の會社だったら同じ工場を數百萬ドル安くしてあげられたのに, 殘念な事だと言った. 私は日本の淺はかな商魂をかい間見たようで不快になった.

댓글을 달아 주세요

  1. とんぼ reply | del   2003.04.21 00:26 신고
    臨場感あふれる文章に若き駐日書記官の使命感がひしと伝わって来ます.
    >>…大使の表情も同じく明るかった. まだ陽は頭上で輝めく眞晝で…
    ドラマを見るようです.一般人ではうかがい知れない外交の世界ですね.
    舞台進行と同じ時代を生きてきましたのでそういう背景があったのかと頷きながら読んでます.
    これからが楽しみです.
    有炫さん,長丁場ですが翻訳頑張ってください.
  2. yoohyun reply | del   2003.04.21 01:02 신고
    yoohyun ( 2003.04.21 )
    とんぼさん 早速のコメント有り難うございました。
    いろいろと氣を配ってくださり大助かりです。 今後ともよろしくお願い致しま-す
  3. yoohyun reply | del   2013.05.09 20:13 신고
    <Hojoong>
    Reading your translation is quite interesting even to me, the original writer.
    Japanese readers must be very much amused to know what had really happened
    back in 1965 when the relations between Korea and Japan were normalized.
    I am pleased to see that the relations between our two countries have been steadily
    improved since then, and look forward to the even brighter future.
    I am sure that your work is making remarkable contributions to this effect.
    My dear sister, Your excellent translation is indeed worthy to be highly praised,
    and I can hardly wait for your forthcoming work. Good luck to you!