食べ物から釀し出される情趣   -   민속문양 [民俗紋樣]

餠と韓菓の紋樣
祝日になると主婦らは連日の食べ物作りや客のもてなしに疲れはてる.
わが國の傳統飮食は形や色に對しても, より美味く見えるよう, 調和美に執着した.

農耕社會であるが爲米を大事に扱った祖先は, お祝い事があると眞っ先に餠をついた.
昔から目出度さや豊饒を象徵する餠を作り, それを村人に配る習しがあった.
食べ物は, 言うまでもなく心を盡してこしらえるべきだが, 祖先はとりわけ餠作りに念を入れ,獨特な器具を考案するまでに至った. 





則ち「ドッサル]という物だが, これは餠に箔を付けるようなもので, 扇子や傘の骨のように全體をまとめる中心役を行う. 人間に例えると生命の魂を吹きこむとでも言えようか.
ドッサル紋樣は極めて象徵的な意味を含んでいた.

ドッサルで紋樣を付ける餠は主に"ジョルピョン"と呼ぶ餠で, 呪術的意味が含まれている樣樣な紋樣を, 判こを押すようにして付けるのである.
ジョルピョンは, 餠粉を蒸して作った白い餠をついて, 一口の大きさに切ったものだ. 平たく伸ばした餠に各樣各色の紋樣が彫られたドッサルを利用してきれいな紋樣を付ける. 又, いろんな色も付けるが, 特にもえぎを入れてついた餠はユニ-クな味がしてとても美味しい.
                                

  
その昔, 役人の家では, お正月になるとこのジョルピョンを作って互いに分け合ったと言うが, これは家門のドッサル紋樣を見せびらかすためだったとも傳える. そこで目に見えない競爭が始まり, ドッサル紋樣はどんどん素晴らしい模樣に發展したそうだ.
ドッサルの材料は陶瓷器, 木, 石等で, 木製ドッサルは, 材質が硬いほど傷まず長持ちするという事で松, 檜, 竹, 棗の木, 梨の木等を使った.
木製ドッサルは直四角形の形をしており, 紋樣を付け易くする爲大槪握り手が付いている. 一般的に, 四角は木製で, 丸い模樣は砂器または瓷器で作った.

ドッサルの紋樣は決った形が有るのではなく, 各家庭で特有の紋樣を考案し, 家門の象徵としたが, 一旦使用し始めると, 絶對紋樣を變へることなどせず, 他家へ借すのも御法度だった. 從って, ドッサル紋樣は家門の獨創性を生かした多彩な紋樣からなり,新石器時代の櫛目紋樣より朝鮮朝の流行紋樣まで, 幅廣く受け入れられた.

動物紋は魚, 鳥, 蝶, 蜂等で, ほとんど二匹を對稱に配置しており, 植物紋では花と葉を抽象的に描寫したが, 最も好んで使ったのは菊紋であった.
また, 文字紋では "福"を愛用し, 壽, 富, 貴, 康, 寧, 禮, 壽福康寧, 富貴多男なども多く使った.



  
餠と共に韓菓はわが國特有の菓子で, 餠に劣らずその形が端雅で美しい.
韓菓は穀物の粉に蜂蜜, 飴, 胡麻油, 砂糖等を混ぜて練り, 花模樣, その他色んな模樣を彫った板で紋樣を押し出し, 油で揚げるか煮詰めて作る.

心から花を愛したわが祖先は, 春や秋になると花見を樂しみにでかけた. 自然の下でその情趣に醉いながら, 自然の一部を取り入れた食べ物を作ることで自然と一つになる. このような文化の眞髓は, 三月三日のつつじ花煎と, 九月九日重陽節の菊花煎に實に良く現れている.

春になると山野を紅色に染めるつつじは, 藥用として使用することも有り, その花びらを取って花煎又は花汁(ファチェ), つつじ酒などを作り, 秋には菊の花を利用した.
花煎は花見のついでに取って來て家で作ることもあったが,大抵現場で直に えて食べる場合が多かったと傳える.

댓글을 달아 주세요

           

노상(路上) 군것질   -   잡문 [雜文]

어렸을 때, 길에서 음식 먹는 건 거지나 하는 짓이라고 배웠다.
나도 우리 아이들을 그렇게 키웠다.

언제부터인가 시장 안에 먹자판이 생기더니 날이 갈수록 길거리에 먹는 장사가 늘어만 간다.

어제 딸아이와 인사동엘 갔다. 길 모퉁이에 줄이 늘어서있어 뭔가 들여다봤더니,
늙수그레한 남녀가 튀김호떡을 만들어 팔고 있었다.
점심 후 많이 걸었더니 단것이 먹고 싶어 딸아이에게 사라고 했다.
한참을 기다린 끝에 하나씩 받아들고는 추적추적 봄비 내리는 거리를 바라보면서
처마밑에서 그걸 먹었다.

'너 지금 누굴 만나면 젤 챙피하겠니?' 내 물음에
'어업지, 아무리 생각해도 없는데.... 엄마는?'
'난 있다. 젤 챙피한 사람도 있고, 그냥 챙피한 사람은 많고 ^^

각설하고, 요즘 길에 먹을 것 들고 다니는 아이들, 중고등학생들, 젊은이들 땜에 질색을 하겠다.
더욱이 버스나 마을버스에 떡볶기컵 들고 올라오는 돼지같이 살찐 아이들, 아이스크림, 쥬쥬바를
빨아대는 중학생들, 테이크아웃 커피컵 들고 끌어안고 있는 꼴값 대학생들을 보면 참으로
한심하기 그지없다. 차가 흔들려 남의 옷에 엎거나 떨어뜨리기라도 하면 도대체 어쩔 셈인가.
보나마나 '미안해요' 한마디 하고, 내 잘못 아니라는 얼굴 하겠지. 우리나라도 싱가폴처럼 공공 교통수단에 먹을 것 들고 타면 벌금 물게 했으면 좋겠다.
그것도 엄청난 액수를....

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

침묵은 과연 금일까요?  (1) 2003.05.02
어머니의 손맛이라.....  (2) 2003.05.01
노상(路上) 군것질  (0) 2003.04.26
바보상자 아닌 걱정상자  (0) 2003.04.25
담배, 그것이 문제이다  (0) 2003.04.25
メンテを怠けたわけは...  (0) 2003.04.19

댓글을 달아 주세요