私の日記 九十九   -   잡문 [雜文]/日本語

 真夏いのは当然のことだが今年異常なほど気温がり一日中

エアコンけっぱなしでしてたが今日以外にもしいくので

とパーマをかけに美容室へでかけた

午前だからかえている男性一人しかないたなくていと二人

をあわせて微笑

美容室れるきな男性グループのヒットソング・メドレーで

気持良音楽って一時間半過すと出来上がた美容師微笑。 

ついでに昼食ってることにした大学裏道繁華街ってもよい程賑やか

垢抜けたさな食堂ってカツをくのベーカリーでコーヒーとケーキを

りながらいにパーマがったとほくそんだものだ

真昼だが以外しいくので大学のキャンパスをってることにした

夏休みで校内はがらんとしていて木蔭道散歩がてらゆっくり

ついでに記念?!写真一枚づつった

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 九十九  (0) 16:48:58
일본 소설 메모 (48)   (0) 2018.08.11
私の日記 その九十八  (0) 2018.08.07
私の日記 その九十七   (0) 2018.07.24
일본 소설 메모 (47)   (0) 2018.07.19
気持良い日  (2) 2018.07.08

댓글을 달아 주세요

           

[隨筆] 外交は踊る  [46 ] : 崔浩中   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

e. 李源京長官

李源京長官物静かで温厚気性なので対人関係やかだとの定評持故厭がるない日帝時代東京帝大合格した秀才だった李長官外務長官先立って公報部体育部長官職めたからには官運もすごくだった

李長官一時自官職抛棄したがある民主党政権時外務部儀典局長退いたのだ駐美大使館勤務えて儀典局所属旅券課いていたが直屬上官突然辞退をすごくかせたあれほど局長座をどうして簡単すことが出来るのか理解出来なかったのだ

李局長から退いた理由はすごく簡単なものだった当時薄俸では到底家計えることが出来なかったので待遇私企業るとの李局長外務部れる局所属全員李局長会食った雰囲気沈鬱にはまるのが当然なのだが以外るくやかだったそれは李局長表情のこなし話術等のおかげであるはこのように立派外務部哀惜じたものだ

その李長官外務部復帰して駐日公使1961から1962にかけて約一年間外務部次官にもたが外務部れて言論界いたそれで李長官公館長経験てなかったのだ

Rangoon蛮行事件後ミヤンマへ往復しつつ事態收拾れた腕前せた李長官体育部より外務部した時私はベルギーで勤務していながら外務部李長官れたしくった大変ったがっている外務部める適格だとえた

翌年四月にベルギー首相がヨーロッパ国家首相としては最初にわが公式訪問した一時帰国して李長官しく再会した李長官かくえてくれた

訪韓日程えたベルギー首相ったけてわれるEC執行委員長訪韓ちつつ宿所のホテルでかにんでいると李長官からのしがあっただろうとりながら外務部いだ李長官るやになったといつつ商工次官內定されすぐ正式發令っていてほしいと通告するのだひとまず商工部って事務引受したベルギーへって離任手続きをうのがかろうと

はびっくりした商工次官になるのがたいした榮進ではないけれども正直言ってではかったのだただずっとわって外務部れることがやるせなかったずっとめていた外務部れるのがなかったえばいのかわからず一時モジモジしていたが派遣勤務きますとうじてうことが出来李長官きながら元気ってなさいとった

商工部いている外務部綜合庁舎八階商工部四階めていたので本家せているようでちっともしくなかった商工部外務部のみえているうかもれぬと注意しているうちちょうど一年半目外務部った

李長官外務部ったかくえたってきたともったしかしながらサウジアラビアへになっていた李長官くでえる機会えてくれなかったのだ

サウジアラビアへって一年足らずで李長官外務部れたサウジアラビアで前任者だったUNった崔侊洙大使長官したのだ

李長官六十才えた長官職まっているのをまずくったのか外務部のずっと後輩だった盧信永總理長官すのが具合かったのか普段座から退いたいとのをしばしばしたとられていた

直接目擊しただがくの長官一緒私席でとある長官外務長官定期国会じタイムのUN総会参席する言訳国会出席しなくてもいし国内問題野党議員等より退けといったかなくてむのでしいだろうとうや李長官はにっといつつ退けといったら退けばいじゃないかと平然えた

李長官外務部仕事をほとんど全部次官せるようにして重要仕事にのみ関与する超然 なる態度一貫した緻密有能次官えているでもあるがそれは多分李長官性品であったろうそのような姿勢には同感だった

李長官はゴルフがすごくまたんでいた体育部長官それにオリンピックにわる職責歷任した偶然ではらせるだったIronよりはWood驅使しつつきちんきちんとホールを攻略してスコアをらして手際逸品だった

李長官から退いてもなく駐日大使発令けて外交界復帰ついに最初最後公館長つことになった盧泰愚大統領がわがとしてはすごく重要美国日本重鎭外交官るべきだとのえで外務長官した朴東鎭, 李元璟巨物級人士各各兩国駐在大使拔擢したのだ. 両長官65えた高齢当時外務部公務員法該當條項するとの見解なくないのでしかったけれども国家政治的配慮った統治権者選択ぐことは出来なかった

李長官三年あの骨折れてトラブルの駐日大使立派にこなしたはるか後輩である外務部長官になり日本訪問したまずそうなしもせずに平然仕事したってのこなしだった

盧泰愚大統領日本公式訪問した万事順調だったそれはかなでも器用事務処理する李長官大使っているので可能だったのだよくいにくいとわれる在日同胞等李長官じてったすごく緩慢性格っている自分等世話いてくれるきなっていた

三年という月日れるや李長官大使から退くことを自請外交界った純粋職業外交官へその先例した

もう野人って同僚等一緒になり余生しんでいる李長官から々と々ときる人生つつとてもましくったまたそのような李長官姿もが見習があるとじたものだ

 

댓글을 달아 주세요