[隨筆] 外交は踊る [41] : 崔浩中   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

                                                                                           

c. 崔圭夏大統領

わが場合ほとんどは以外人物大統領になったとえるけれども崔圭夏大統領いがけずにそのがったとえよう

崔大統領誕生消息をマレーシアで大使としてめている時受けた崔大統領立派にマレーシアで大使めたとの事実には特別意味つようにじられた外務長官際直えたがあるとの事実得意顔にさせたれた状況下かろうが莫重所任立派げることをでいっぱいだった

崔圭夏大統領1980在任期間中たった一度外遊になってしまったサウジアラビアとクウェートの公式訪問途中でマレーシアが名勝地Penangって一泊された

サウジアラビアまでは一度べないので途中何処かで一度留るしかないそれならば大使時代追憶んでいるかろうとのえと他国首都ぎるわしさをけるためにもあつらえきだとえてのだろう

大使館要員等Penang崔大統領一行えたなく々としたおましだったマレーシア政府たとえ寄着ぎなくともりし日自国大使めたであることをった歓迎がすごくかくて鄭重だった.

Penangはマレー半島西側位置するさなだが印度洋るための後悔れた船員達宝石のようにえた安息處東洋真珠とまでばれていた崔大統領海辺のホテルでかに一夜ごしたにまたって二日ほどゆっくりむといつつ目的地かった

崔大統領はオイル波動った1970年代初朴正熙大統領特使資格でサウジアラビアを訪問原油供給確約けた外交的成功げたことがあるので, 大統領として外遊をそこへにめたのかもとった其所にはわがからくの建設会社人力進出しているので彼等ますことも重要仕事だった

一国元帥外遊をする国内かでこそ所期目的達成することが可能なものだが残念ながらこのはそうでなかった独裁政治わり民主政治花咲るとじたのが全然見込みがいと判断した学生群衆等がソウル街道連座デモをめたのだ

崔大統領はその気配崔侊洙祕書室長国内まらせ沙汰進展随時報告するようにしたがその報告崔大統領心機れさせた

サウジアラビアとクウェート訪問えてびペナンに帰着した崔大統領表情はすごく硬直していたソウルからは德壽宮大漢門前数十万群衆まって夜通示威げているとの報告いたのだ

崔大統領隨行員等めて対策会議いたペナンで二泊する日程まっているがどうすればいのかをまず論議した日程短縮いで帰国すればなんかとてつもないるだろうとの必要以上危機感こす心配がある予定通るのがいとの意見もあったけれども群衆との不必要衝突けるためにれた後静かに到着するのがいとの意見れられた

崔大統領大使時代しくなったペナン洲知事礼訪すること以外には公式行事わずにペナンでの一日かにったもが沈鬱表情だった

空港機上がりれの挨拶崔大統領くご苦労だったとっただけでかった国内事態大変深刻いしているのがらかにえた

崔大統領帰国して数日ぎない頃光州事態ってマレーシア中国系新聞韓国光州-園血海との赤活字一面めた

                                             

d. 全斗煥大統領

全斗煥大統領1981東南亞巡訪いインドネシアにいてマレーシアを訪問されたそのマレーシア駐在大使だったには二度れない大行事だったそれにいの初対面であった

全大統領はその早春美国訪問就任したばかりのレーガン大統領対面した外国国家元首となったがまともに格式えた外遊はこのめてだったのだ空港歓迎式儀仗隊査閱する全大統領陸軍大将るのがふさわしい程威風堂堂としたものだった

二泊三日日程出来簡素てた新任大統領としててが不馴れな多国訪問するとすごくれるだろうとの配慮だった

王室での晩餐首相との公式会談, 大使主催のレセプション等公式行事がそれなりにわる大使館邸我等のみの韓食晩餐えた負担など出発前夜しむことが出来るようにさせようとのからだった

官邸到着した全大統領夫婦応接間るや僑民子女達構成された合唱団故郷此処からどのだろう天眞爛漫童謠めた以外歓迎全大統領はびっくりしつつもいっぱいいをんで子供のようにしがる食事雰囲気もすごくやかだった

この時私全大統領きでよくるのをめてったった李順子女史までが機会たれないだったのだ

翌日朝全大統領一行訪問地であるシンガポールへった我等一同大過無しできな仕事えほっとしたものだ大統領くともが経験無しでもそれなりに自分仕事すことが出来るものだとの実感した

翌年マレーシア副首相訪韓された機会一時帰国して前大統領えた旧面だからだろうかばしくえてくれるじだった全大統領外交官Protocol儀典)げて鷹揚にパーティなどいている時代ぎたしがすりるほどだと強調しつ任地ったらこの各国駐在公館長にもえろとするのだった

かように外交ならぬ関心せた全大統領外交官だけをしくらせることでは自身率先垂範するべきだとったのかそのわが國家元首では最初のアフリカ巡訪発訪問国のケニアへかう途中前任崔圭夏大統領がサウジアラビアを訪問するなったようにペナンで一泊された

おかげではマレーシア在任三年間国家元首四度える記録てることになった旅程にして一晩ゆっくりんだ全大統領勇躍アフリカ訪問かいその旅程順調進行しているようにえたが二番目訪問地であるガボンできな差跌出来てしまった

到着歓迎式わが愛国歌りに北朝鮮国歌演奏されたのだ勿論それは我等のしくじりではなかったもののその道義的責任大学同窓である咸泰爀駐ガボン大使本国召喚された

同時はその程度わったが翌年再外遊出掛けた全大統領一行訪問国であるミヤンマでいがけなくとんだにあってしまった北朝鮮工作員がこっそり架設した爆弾けて徐錫俊副總理めとする隨行員多数落命したのだいにも全大統領はまだそこへ到着していなかったので災難がれたけれども高校同窓生である李啓哲駐在大使爆死したのはしい出来事だった

その時私ベルギー大使転任されていたがそこで勤務されて一年足らずの1983いがけなく商工部次官任命された. 国際通商重要である故外交分野経験必要なわけで商工長官商工次官外務部出身官僚任命されたとの商工次官えるになり靑瓦台訪問した当時琴震浩商工長官候補者名單せると全大統領はそのんだとのことだった多分崔浩中といった三字くなかったからだろう

外務部れるのがもとかったが外務次官になれないならそれなりにいではないかと自慰しただがそのらなかったもののそれは程度ではかったのだ後日私外務長官になったのは外務部ではかったけれども商工部次官経歴たわけで可能だったしそのようにえれば全大統領長官になるいてくれたになるのだ

商工部長官在任一年半目外務部復帰してサウジアラビア大使になった外務部必要ととしたのか商工部されたのかそのもそして今後ともらないであるけれどはともあれ外務部ったのをいにったものだ

サウジアラビア大使発令らされるともが榮轉うとってくれた

サウジアラビア大使った前任者等はほとんど全部長官出身であるだけにくことになったのは否応でも拔擢とか榮轉うにるだろう大使信任狀りつつ全大統領有難ったどのようなえずに商工部次官から退けられても仕方ないことだったからだ

たったの一日でもまるまいと公言した全大統領大統領任期7わるやている大使達全部をソウルへれて特別公館長會議かせ靑瓦臺でいわば告別晩餐會のようなものをいた平和的政権交替新伝統てることになったと自負する全大統領告別辭んだ雰囲気をよりくした

後任盧泰愚大統領って靑瓦台れた全斗煥大統領もせずごしているとったが、88オリンピックがぎるや国内政局五共非理める聽聞会まれつつ難渋していたあげくのはてに李順子女史って白潭寺ってしまった

はこの消息をサウジアラビアでいたくの外地国内きを心配しつつそれに全大統領立場可哀想えつつかにいた198811月末のあるだった

    「百潭寺

百潭寺はすごくいだろうかでもあるだろう風鈴っているだろう其所全斗煥大統領夫婦りにつくことがしいだろう19881123このしてれてはならないとして彼等生涯しめることがらかだ

この全大統領はテレビ放送じて国民ったくの国外たのでその姿れなかったけれどもその光景目前くことはさほどしくなかった

談話文内容容易えたものとえた多分大統領口述した部分相当含まれていただろうはその真心まれているとえたちをちとして国民容赦一国統治者だったには容易ではなかったろうしなくない勇気必要としたことだろう

或者のようにがる国民憤怒でどうするもなかったはずだとうだろうがはそのようにせせこましくたくはなかった国民頭下げて赦罪したとずるれたてて白潭寺かう姿国民にどう彼等にどういたろう

こちらサウジアラビア新聞延禧洞れる全大統領夫婦姿れた写真にこのきく報道した. 車中っている李順子女史両手めていたかにそのでじっくり湿っていただろう

外信全大統領する国民反応同情的もあるがだに不満いと報道した野党指導者けて全大統領非理すべきでその責任すべきだとの態度さないと報道した極烈学生等在野動向わらないと報道した

全斗煥大統領夫婦柏潭寺って三日目1126日盧泰愚大統領対国民談話発表国民全大統領寬容すことを要望した民主化げられ今後統治權者がしきりにるだろうが政治報復前例さないにしようとの呼訴であろう

この一言がすぐかになるいだろうが今後数日間民心がどのように表出するか注目するつもりだ寛大かなちをいるってれるだろうかそれよりりまでがってひとしきりきく姿るべきなのか。。。

はいつもそうってたが々は他人くなるのを腹痛他人肩透かしうのを気味だとちょっと残忍一面っているこの頃国内では聽聞会進行狀況るために夜明かしをし酒場不景気だとのことだがそれは多分痛がそれよとわう心算だとえばこれはつの偏見だろうか

なにはともあれ我等はこのれた状況一度深えてみる必要がある国家将来える一部学生在野勢力自分等不遇立場不満いて一度引っくりればなんかがあろうと行動すると大変なことになる我等全てのためにもそれを見放してはだめだろう一部政治人政権るために政治的不安社会的混乱るのをらんして自分目的達成にのみ汲汲すればそれを見放すことはよりいけないのではなかろうか

柏潭寺はずっといだろう々しく振舞わなければけさがれもしないだろう号令した全大統領めようとしない李順子女史二人中二坪ぐらいの部屋ってまたはになってえているだろうか

大統領になってはいけない大統領になったちだったとえるだろうか? 能力りないのに意欲のみ先立ったのがいけなかったとやむだろうかしすぎた一家族属等たとはねがるのを何故塞げなかったのかといているだろうか

しかしながらえていることをうことがあるそれは大統領等自分前轍してさずにこのこの民族末長発展するよう素望保持する」。

その12外務長官任命され, サウジアラビアより帰国したソウルはすごくわっていたってはいたけれども重責遂行しかったし々の事情りにならず柏潭寺帰国挨拶けなかった現職閣僚一人としてそれはたすにしいことだったのだ

全大統領ねたのはずっと月日れただった南北間總理会談和解不可侵及交流協力する合意書協採擇されることにってどの経緯内容前職大統領報告するだった

延禧洞私邸えた全大統領大統領就任したばかりでマレージアを訪問した時私めてけた印象わらなかったうにらない心身さをこなしたのはかなはずが意氣々とした尚国家未来心配する国家元帥面貌わずにいた南北関係容易けるものではつの合意書採擇されたといって国民意識まないように安保態勢強化することにもっと主力せよとの, けた指針だった.

 

 

댓글을 달아 주세요

           

私の日記 その九十四   -   잡문 [雜文]/日本語

 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その九十四  (0) 2018.05.21
私の日記 その九十三  (2) 2018.04.19
私の日記その九十二 2018年3月30日  (2) 2018.03.31
私の日記その九十一  (0) 2018.03.20
私の日記 その九十   (0) 2018.03.04
私の日記 その八十九   (0) 2018.02.17

댓글을 달아 주세요