私の日記 その百二   -   잡문 [雜文]/日本語

2018年 11月 23日  [ 晴 ]

きてけたらっているついにがやってたのか昨日降ったら

大変だったろうとをなでろしながらめていた

2010心筋症という病気入院までしたずっと病院通いをしているが

最初一度診察しづつびて去年からは一度となり

昨日がそのだった

朝早病院ったがなんと患者いことずいぶんった

医者ると機械った血圧らないのか医者がもう一度計

血圧いからもっとをつけねばならぬとかしつつ處方いてくれた

診察費払うのにも時間がかかり藥局めるのにもしで十二時近くなった

いつも市内繁華街って美味しい昼食ホテルのパンをめて

ことにしたパシフィック・ホテルは主人のアジトだったのトースト

パンはずっとがこのホテルでめてたので外出ついでにはこのホテルに

二袋ってるのだ

明洞はいつものように観光客れていた両方商店もどんどん品物

りまでれてている裏道にあるれた韓式料理店ゴムタン肉汁)」

満腹なのでぶらをしながら必要品物いた

ると午後三時わっとれが着替になったかいオンドルに

つけるときたがするりに無理をしぎたとがストライクをそうとするので

めつつ反省するがケータイを、「今日六千歩いたわ!」 やれやれ

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百三  (0) 2018.12.11
私の日記 その百二  (0) 2018.11.24
私の日記 その百一  (0) 2018.11.02
私の日記 その百  (0) 2018.09.24
私の日記 九十九  (3) 2018.08.18
私の日記 その九十八  (0) 2018.08.07

댓글을 달아 주세요