일본소설 메모 (52)   -   잡문 [雜文]

* 午前三時のルースター : 垣根涼介

旅行代理店勤務する長瀬得意先中西社長慎一郎のベトナムきに

付添ってほしいという依頼ける慎一郎本当目的家族内緒失踪した

父親消息ねることだった現地娼婦・メイや運転手・ビエンと父親

一行何者かが妨害する。。。最後辿りついたない事実とは解説川端裕人

베트남에서 사라진 아버지를 찾아다니는 이야긴데, 상상이 안 되는 월남이 무대라

그런대로 흥미롭게 읽었다. 산토리 미스테리 대상 수상작이라 함.

 

Sydney! ワラビ熱血篇: 村上春樹

テレビにらなかったオリンピック直後一瞬永遠」、スタジアムを巨大

エモーションアスリートたちの息遣集中力恐怖感。。。好奇心ちた作家

べたからくしたそのそのでしかられないドラマのかずリアルタイムで

がれた23日間のシドニー日誌がほんとうの感動えます

시드니올림픽 관람기인데, 방에 앉아서 특히 마라톤 경기를 실감나게 느끼며 읽었다.

 

東京タワーがえるまで : 森沢明夫

ライブハウスで出会ったバンドDeep sea特別才能いだした佐倉すみれ(32

独身彼等一流のプロにてるべく一人でインディーズのレコード会社設立

以後てをけて彼等のために紛争するが大切なライブ当日にメンバーがれない!?

かを笑顔にするためにひたむきに人生けるアラサー女子爽快小説

森沢明夫村上てつやゴスペラ対談收錄([ラブピーナッツ改題]

그런대로 재미있는데, 레코드계의 이야기라 실감이 나지는 않았으나 시간 때우기에는

알맞았고, 자장가 대신 매일 밤 잠들기 전에 읽기도 적당했다.

 

* 深夜特急2 : 沢木耕太郎  「マレー半島・シンガポール

香港・マカオにれをバンコックへとんだもののどこをどういても

バンコクの々もなぜか自分いてこない。<香港じた熱気

再現期待しながら鉄道でマレー半島南下一路シンガポールへとかった

途中ぺナンで娼婦滞在たちの屈託のない陽気さにまれたり

シンガポールのをぶらつくうちに、<はやっとがついた

오빠가 말레이시아대사로 있던 1980년에 쿠알라룸푸르에 다녀왔는데, 2주 동안 머물면서

올케와 싱가폴에 이틀 여행했던 추억을 더듬으면서 흥미롭게 읽었다.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

난방 수리  (0) 2018.11.14
일본 소설 메모 (53)   (0) 2018.11.07
일본소설 메모 (52)  (0) 2018.10.15
일본 소설 메모 (51)  (2) 2018.09.30
일본 소설 메모 (50)   (0) 2018.09.13
오랜만의 외출  (0) 2018.09.11

댓글을 달아 주세요