[隨筆] 外交は踊る [50] : 崔浩中   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

 

言葉

今度三度目すことになる我等三度目いつつ間違ったとかわないすために三度同があるがにそのりになった

最初1997した頓馬山頂るまでといった回顧錄だったこれは外交官めて外務部長官になるまでの過程年代順いたものだ頓馬指稱したもので山頂とは外交総帥である長官をそう比喩したものだ

庚午年馬年生まれだが何事にもすばしこくないのでどれ程大目ようとしても駿馬ではない学生頃巧れない運動会いから一度でも入賞してみたいとがんばったがそのたせなかったのだ

外務部ったにも頭角わすところか昇進っても同僚れがちだったでも性急振舞わなかっためてろうともしなかったたゆまずいていると目的地辿じたたまには似合わないほど足並みで他人したりもしたのだ

そうするはついに山頂到達した外務部れてから32月目長官になったのだ頓馬であるがよくも外交摠帥までがったのはくべき事故私はその過程綿密きつつりる自負心じたりしたものだ

二度目1999した色褪せた栄光後悔との回顧錄だった外務部長官になってした仕事中心分野別んで記述したこの古稀時期わせて発刊した

この序文人間もがきてみつつ榮辱歳月だったと述懷したりするが場合栄光はあったけれどもえて汚辱えれるいのをいにうと威張ったともするとれてかれる警察署法院のようなされたことがいのを不思議っているともべた

丁度二年間外務部長官ったいのある榮光期間だった北方外交かせ壮言出来なかったソとの修交したし全世界相手とする全方位外交時代いたものだ

栄光はそれでわったのではなかった副總理がり統一院責任になったのだ一年半そのながらこれといった業績すことは出来なかったが, せめてものいだったのはもが容易くないだろうとえていた南北基本合意書した

統一院長官最後として三十六年公職生活えたそれからはオマケにきる人生めるとめつつこののものては歳月れるとれるとかびるとか色褪せるのが当然だが享受した栄光もそのがだんだんめてくことを予見した

そうしつつ口癖のようにしていた生涯後悔いしった栄光追憶きているその追憶辿りつつ享受した栄光せばせてしだけでもつことが出来はしまいかとえたのだ、「色褪せた栄光後悔けて二度目したのだ

今度出には外交けた一時けるのを選好したものだが簡潔なものをって新鮮うようになった世態えたふと人生外交皆踊ではないだろうかとえたものだ

だがきてつのみで今度再すといってもその内容以前発刊したつのきくうことはないただ外交官一代記簡潔集約した以外じて経験した田舎食膳のようにもっともらしくげたにぎないなお、「かっきり三度うが今度期待した成果をあげたとの自身たれないのがもどかしい

マッカサー将軍軍生活じながら、「Old soldiers never die. They just fade away.との名言したがはどれほどえてもめくくりを素敵にする言葉かばないただ、「老馬らないただまでるのみだ.とつぶやくのみだ。       - 終 -

                                                                                           

댓글을 달아 주세요