私の日記 その百   -   잡문 [雜文]/日本語

            

 二人きりでえる秋夕がすでに五回目女性だけで秋夕茶礼わないわしなので

主人息子びつつひっそりと一日した

でも以前家えていた秋夕料理つか食事りながら

これはがとてもきだったわね。」とカルビの煮物などをつつくったいろんな

場面眼前ってろくに食事をとれなかった

去年まで息子大学後輩私達忠武先山にある父子までけてくれたが

もう墓参りはこれが最後だとしたのでもう忠武行きはあきらめ今日りし

々をびつつ二人でひっそりと秋夕りながら四人家族しく々をってた

出話などをかわした

夕食後, 十五夜満月めにりの大学出掛けた九時過ぎのキャンパスには学生

姿もまばらで私達のような散歩家族らがにつく

きれいな夜空満月しているのをぎつつゆっくり校内散歩しながら

携帯電話満月してくれた電話写真れるなんてほんとにすごく

中発展したものだ。   ( 2018年 9月24日 )

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その百  (0) 2018.09.24
私の日記 九十九  (3) 2018.08.18
私の日記 その九十八  (0) 2018.08.07
気持良い日  (2) 2018.07.08
私の日記 その九十六, その九十七  (2) 2018.07.03
私の日記 その九十五  (2) 2018.06.07

댓글을 달아 주세요