일본 소설 메모 (50)    -   잡문 [雜文]

 さがしもの : 角田光代

そのつけてくれなけりゃぬにねないよ」、病床のあばあちゃんにまれた

一冊奔走した少女さがしもの」。めてった古本わぬ再会

たすする」。主不明詩集まれたれの言葉手紙などつの物語

無限がる書物宇宙偶然出会ったことばの魔術はあなたの人生かしめる

この世界存在することに改題.

아홉 개 단편인데 옛 생각도 나게 하고 공감도 할 수 있어 단숨에 읽었다.

 

バイバイブラックバード : 伊坂幸太郎

星野一彦最後いは何者かにあのバスれていかれる五人恋人たちに

れをげることそんな見張常識」「愛想」「」「色気」「上品」  これらの

単語したマイ辞書乱暴大女繭美なんとも不思議数十間

おかしみにられたグッド・バイストーリー<特別収録伊坂幸太郎ロングインタビュー

인내심을 발휘하여 끝까지 읽기는 했는데 나 같은 사람은 절대로 이해도 상상도 할 수 없는

스토리였다. 이 작가의 소설은 열권 이상 재미있게 읽었는데, 이건 정말 별났다.

 

* への吉村昭요시무라아키라)

平穏々の次代する倦怠無力感そこからようとしながら

ふとかれたという言葉奇妙っぽさの集団自殺てる少年たち

その無動機遊戯性裏付けられた冷徹かつ卽物的手法詩的美昇華した

太宰賞受賞表題作鉄橋」 「少女架刑などしなやかなロマンティズ

それを堅個現実との出会いに結実した.

제목을 포함한 6편의 중편소설인데, 내 취미에는 맞지 않는 글들이라 다 읽는데

꾀 시간이 걸렸다.

(みさきにて : 乃南アサ

かっての恋人故郷でその不在うキャリア・ウーマン土地への転居

じゃばゆきさん」。整形して結婚離別した従妹として

ろうとするむとめたのもとをねる々と

魔性彼女たちはさまざまにれていく女性真理描写際立短編精選

單行本未收錄作品追加したベスト・オブ・ベスト第二弾

단편 10개인데, 읽을만한 것은 몇 개 없고 다 그저그랬다. 길지 않아 시간 죽이는데는

적당하다고나 할까.

 

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본 소설 메모 (50)   (0) 2018.09.13
오랜만의 외출  (0) 2018.09.11
일본 소설 메모 (49)   (2) 2018.08.30
일본 소설 메모 (48)   (0) 2018.08.11
私の日記 その九十七   (0) 2018.07.24
일본 소설 메모 (47)   (0) 2018.07.19

댓글을 달아 주세요