일본 소설 메모 (48)    -   잡문 [雜文]/日本語

* ホームレス中学生 : 田村裕

父親解散宣言13突然家そんなしい公園のウンコ

遊具べられるものはないかそんなべて

くれるたくさんの兄姉友達そしてめてえるおさんのわるという

いつしかいた芸人という...ベストセーラーとなたってける貧乏自敍伝

일본 예능인(코미디언)의 자서전인데, 소설가처럼 글을 잘 썼다. 불행했던 유년기부터

성장기까지를 그린 절실한 내용으로, 읽으면서 마음이 아팠다.

 

                                                

* 鹿男あおによし : 万城目学

ねえ藤原君、「あおによしってってる? ですかいやね生徒からっているかと

かれてだそれってしたら随分馬鹿にされてね? らないんですか先生

らないよそんな言葉そりゃあいけません奈良あおによしらないのは

いけません

鹿よけかかのおまじない? 和歌枕詞ですよ。「たらちねのならるように

あおによしなら奈良るわけですどういう意味よそれ? 諸説ありますが、「青丹よし建物青色丹色づかいがやかでめはグッドだなあという意味のようです

へえ物語りだね藤原君とおれが感心しているとやっこさんかりんとうのまった

みこみのように瓶底をポンとらすと々とめた

딸아이의 추천으로 읽기 시작했는데, 도무지 이해가 안가는 읽기 힘든, 아니 상상이 안가는

요상한 내용이었다. 대충대충 읽었으나 무슨 이야기를 하려는지 전혀 짐작도 가지 않았다.

 

                                           

最後ごはん : 椹野道流(ふしのみちる

若手イケメン俳優五十嵐海里いあらしがいりねつスキャンダルで活動休止

まれてしまうてを郷里神戸るが家族けもりられず。。。

くあてもなく絶望する定食屋夏神留なつかみりゅうわれる

夏神定食屋ばんめし開店始発閉店する不思議

そこでくことになった海里だがとんでもないれて... 幽霊すらも常連客!?

美味しくなくほっこりと、「ばんめし開店!

내용이 황당했지만 그런대로 시간 죽이기로 읽었다. 안경이 말을 하고, 때론 서양 남자로

변해 나타난다니, 그것도 일본어를 유창하게 하다니! 처음 대하는 여류작가의 소설이었다.

 

* ひなた :  吉田修一

新堂レイは有名ブランドH就職したばかりの新人広報彼女偶然再会した

同級生大路尚純昨年夏からっている尚純大学生両親らす

文京区小日向兄夫婦同居をしめた。。。それぞれがわりって々とした

日常ぎだすいにむことの出来ない聖跡えながらも。。。

四人視点春夏秋冬

가족의 일상생활을 무난한 글과 내용으로 잘 엮어 잠자기 전에 읽기 적당했다.

요즘은 건망증이 심해 복잡하게 얽힌 내용은 읽기가 힘들다.

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 九十九  (0) 16:48:58
일본 소설 메모 (48)   (0) 2018.08.11
私の日記 その九十八  (0) 2018.08.07
私の日記 その九十七   (0) 2018.07.24
일본 소설 메모 (47)   (0) 2018.07.19
気持良い日  (2) 2018.07.08

댓글을 달아 주세요