私の日記 その九十七    -   잡문 [雜文]

 2018//24

からものすごく午前扇風機午後からエアコンをけてしたが

今日からまりそうだ11なのに居間温度計35している

昨日午前眼科病院でさほどくなかったのに。。。

白內障手術けて二十日目いたと医者うので内心びっくり

このちっちゃい目玉きなでどううのだろう? 

医者笑顔でもうえるだといつつ一月後一度確認しましょうとった

なんでもくほど発展する今日このだが人間一番必要医療発展には

感謝感激りだ

りの足取りはかった鼻唄でもいたい^^. がらきのバス気持良いほどしく

してめる漢江高層アパートなどがなぜか目新しいれが保養なのかと

苦笑いした

がまたセールで自分めるついでにへの日本小説勝手5冊合わせて

注文したのがいたその内三冊らぬ作家ひとまず一冊呼んでみよう

本棚にずっとんだポケットブックをめるだけで気持良

'잡문 [雜文]' 카테고리의 다른 글

일본 소설 메모 (49)   (2) 2018.08.30
일본 소설 메모 (48)   (0) 2018.08.11
私の日記 その九十七   (0) 2018.07.24
일본 소설 메모 (47)   (0) 2018.07.19
일본 소설 메모 (46)   (0) 2018.06.23
안과에 다녀와서..  (0) 2018.06.20

댓글을 달아 주세요