[隨筆] 外交は踊る [43] : 崔浩中   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

9. 歴代外務長官

a. 李東元長官

大統領秘書室長そして駐泰国大使めた李東元長官外務部初登庁した時私駐日代表部勤務していた意外人事であったし四十歳にもならなかった長官上手くこなせるだろうかとのいまでじたものだ

韓日会談妥結せねばならぬ重策って外務部った美男型長官1964日本公式訪問した時東京警戒はすごく森嚴だった朝總聯, それに日本內左翼系乱動がかりだった飛行場より迎賓館かう車道には50メーター間隔警官車両運行完全統制されるだった

四十歳李長官七十歳椎名大臣韓日国交頂上会議突破口そうと数日間色々とったけれども虛事わり最初約束した公式訪問其間わると李長官日本政府提供された迎賓館から、「伊豆半島観光地終末った後再東京ヒルトンホテルにったそれは外交官慣例からけた處事だったが李長官会談妥結糸筋せないまま帰国することは出来ぬとの頑張りには日本側でどうするかったのだ

李長官日本から帰国するやにソウル大学病院入院した心身疲労きかったようだ李長官がベッドの憔悴した姿っている写真新聞揭載までされたがそれを讀者錯雑心情だったことだろう

その際何らかの進展があったわけではかったものの李長官のかような度胸わが交渉陣努力そして国交正常化をこれ以上伸ばすことは出来ぬとの韓日頂上決意等つにまって作用された結果あれほどしくえた韓日会談ついに14年間にわたる迂餘曲折末妥結るようになったのだ

196522佐藤榮作日本首相官邸日国交正常化基本條約その他色々の協定署名される循環直接現場見守出来たのは末長記憶感激だった見守がそうだったからには交涉主導した責任者として文書直接署名する李長官心情如何ばかりであっただろう

署名式別館われた祝賀宴ではもが喜色満面だった佐藤首相がそうだったし李長官椎名外相がそうだったし金東條駐日大使, そしてがそうだった酒数杯気持好った李長官椎名外相をためらわずに兄貴んだても徑輪によってもその雰囲気てもそのようにむのがしいとじたがその新聞記者かがきしてはまいかとりをすばやくった新聞きまくるからぬ気遣いからだった

韓日両国政府はかようにしく妥結した本條約々の協定国会批准ける過程では数多くのしいいをしたものだ独島領有権問題焦点つだった国会なぜ日本政府より韓国独島領有権める文書けられなかったのかとめるや李長官自分している確実自分だとの証明書りのからって必要何処にあるのかとした

日本議会韓国竹島牘島)自国だとうがどうしたかとやりこめるや椎名外相すごくけしからんとってしらばくれたのだ

その1218ソウル中央庁大会議室批准書交換される参席する栄光享受した駐日代表部駐日大使館ったし金東祚大使初代大使として金馬車って宮城日本天皇信任狀提呈した

1966三年間日本勤務えて本部通商局通商振興官になったしかし李長官える機会れだった李長官健康れないので長官室けるかったし文德周次官長官代行することで大変苦労をしたものだ

そのパリでかれる欧阿地域経済擔當官会議参席する外務部生活十年目欧州初足れた中東訪問して帰国する途中パリにってその会議参席された李長官会議まりでしぶりにパリへたからには会議かろうが夜景心行くまでしむようにとの一言満堂歓迎けたそれは我等みんなが念仏関心坊主だったのを李長官看破してった言葉だった

李長官在任二年半目より退いたその国会進出して外無委員長までめた李長官外交界19738より一年間駐スイス大使めたしかしそれは経歴から似合わないであったしえたったえがりなかったのがかだったからだ

月日1988いもらず外務部長官になった部所では長官になると歴代長官えて高見るとの名目晩餐くのが常例だがはそれをやらなかったつのくのがしい人物かった

それがある日李長官がかえって招待したのだ経営する国際学術院演士とする晩餐まりをつとのだったはこれを承諾した

李長官晩餐紹介しつつまでの外務長官半分外交だけをなったがまともな外交をおこなっているがまさにこのであるとをおだてるのだった北方外交成功全防衛 外交可能になったのをてのだった課長として自分いていた部下長官になった感心するいの言葉でもあったのだろう

そのきながら自分がまっとうな外交うようになったのはのみのでは歴代外務長官李長官のおかげであることは間違いない事実であるをを反芻して

 

b. 金溶植長官

金溶植長官1973夏外務部国際経済局新設されるやをその局長拔擢してさった恩德のおかげて一生忘れられぬであるそれも坊主れぬようい一度もおいしなかったにもらず公務員生活してのわれる中央部署局長座らせたわけでその有難さをかった

金長官めてしたのは外務長官秘書時代1957年初だった当時金長官駐日代表部った特命全権公使だった政務協議のため一時帰国して外務長官室姿わしたすらりとした伸長やした秀麗風貌黒色のオーバコートにマフラーをいたすかっとした姿まさに典型的外交官素敵さが全身からっていた

当時与論調査結婚相手外交官女子大学生端然トップをめたのはにこれだからだと直感出来たしそのような風采ってまれなかった自身にまでわれたものだ

金長官はその後柳泰夏公使されて駐日公使から退フランスジュネーブを々する悲運ったけれども、4.9以後民主党政権時代には外務次官抜擢されて外交界至宝的存在との評価一部よりけもしたものだその後駐英大使榮伝されたが、5.16軍事革命こるや今度李亨根註フィリピン大使されてロンドンからマニラへさねばならぬ侮辱けもしたものだ

英国政府自国無視するようなこの仕打々しかったろう長久外交経験けた圓熟味かせて公式送別宴ける破格的礼遇金大使めた

それが金大使はマニラ在任七月目第十代外務部長官任命されたのだ. それこそ轉禍爲福であり錦衣還鄕だったその時私本部たが二月後日本ったので金長官くで機会かった金長官直接仕える出来たのは駐日大使二度目外務部長官再任中だっただった

1972年初夏のあるはワシントン勤務二年った頃意外にも本部れとの轉任発令けた通商振興官という副局長資格えられたのだ突然その空席になり後任すうちに尹錫憲次官薦擧ばれたのだったそれは大学経済学專功したわけではないけれども外務部った後偶然緣由通商仕事して背景のおかげだった

その輸出立国とか通商外交强化とかとって輸出政策力點えられていた關係, 脚光けたししさもあったのだ

毎月朴正熙大統領主宰かれる搜出振興會議発表する外務部報告準備する職責なので金長官うことが出来決裁けるがすごくややこしいとられていた金長官だったがにこれといったしさをわなかった

金長官にもっと接近出来たのはその夏金長官印度とフイリっピンを公式訪問するだった隨行員一人になったのだはこの二国めてれる機会れた金長官なにかといればとのえで毎朝早きて朝刊新聞わがする記事それに主要国際記事金長官にブリピンした

金長官はこれを有益だとえたのかその西ドイツ英国そして美国公式訪問する際私隨行員一人れてくれたのだまれて最初世界一週旅行経験する出来その外相会談円熟進行させる金長官れた感嘆しつつくのった

金長官性格とか身嗜みなどが精錬されていたが精錬されていただった日本留学時全国対抗英語雄辯大會々と優勝日本高等文官試験合格弁護士としてれたせた事実だけでも言弁がどうなのか容易ることが出来

国会外務委員会質疑応答ったである当時野党していた血氣吳世應議員金長官えしにくい質問はさっとして答弁する場合があるから一問一答こうとうや金長官りなく質問一時けてるとならずもらすもある故一問一答ってかろうと応酬した呉議員金長官表情何故他人をあざうようで気分いとうや金長官まれ表情すことも出来ないし手術不可能っているどうか了解してしいとえた

呉議員外交々とわずにアフリカ等地弱小国小切手すとのことが事実なのかとけるや金長官物資援助よりしがる々がたまにるので現金んであげる出来ない故仕方無小切手場合がたまにはあるとした小切手後進国買受しているのではないかとの叱責みに経験老鍊味せてくれる判然なる勝敗表出だった部下職員等もたまには金長官眞意なのか見分けがしい場合かったでは南側えながらも言葉では北側すようにして相手をかけるのだそれを感知出来ずにすばしこくって大変職員なく

金長官部下職員評価する能力一緒態度重視した外務部一旦入った一定水準以上能力えているとれるって重要態度だとのえがかったようだ局長がったのも態度められたであるかもれない

金長官在任二年金東祚長官して統一院ったが外交界復帰, 駐英)大使註美大使歴任したしかしながら老益壯をひけらかしてた金長官公職生活(공직생활)には限界があるのをどうする出来なかったのか駐美大使最後1981年官職より引退した

金長官官運くて華麗経歴りつつ数多くの業績したけれどもあれ程願っていたつの願望げなかった国務総理になることだった他人よりしてることはいのだが時運れなかったのか態度上司わなかったのか金長官には最後までその機会たされなかったのだ

金長官公職より退いた時私はマレーシアにながら敬意慰勞表明する手紙った金長官はこれを有難ったのか親筆答狀ってくれた

マッカーサー将軍老兵なずにえるのみだとったがかに外交界からえた金長官大韓赤十字社總裁, 統一顧問會議議長等多彩職責ちながらその經綸国家社会奉事した

けっれども金長官末年しそうにえた子供等期待ほど上手成人になれなかったしその上早喪配する悲運えもした最後金長官幽明境にするにせめてものいになったのはつつましかったけれども外務部葬最後丁重ることが出来事実だった

댓글을 달아 주세요