일본 소설 메모 (46)    -   잡문 [雜文]/日本語

* 所轄魂 : 笹本稜平사사모토료헤이)

女性絞殺死体公園発見された特別捜査本部設置され所轄城東署强行犯

係長葛木邦彦上役にあたる管理官として着任したのはなんと息子でキャリア警官

俊史としふみ)だった本庁捜査一課から出張ってきたベテランの山岡葛木父子

あからさまに見下ろし捜査陣本庁組署轄組つにれるそんな第二

絞殺死体発見された今度被害者女性だった

상당히 두꺼운 수사물 내용인데 흥미진진하게 읽었다. 예전에 추리소설이라면 밤을 패며

읽던 생각이 난다. 이 나이에 살인 수사물이라니....

 

                                               

リミット : 五十嵐貴久이가라시타카히사)

この番組わったらのうといます」 

深夜人気ラジオ番組一通のメールがいたディレクターの安岡自殺めるよう

びかけたいと主張するが周囲大反対番組まってしまうところが

パーソナリティのカリスマ芸人奥田突然メールの送信者挑発緊張。。。

番組終了まで二時間リスナーの? 著者渾身のタイムリミット・サスペンス

커버 뒤에 쓰여있는 소개글을 읽고 스릴 서스펜스 넘치는 내용인줄 알았는데,

텔레비전 드라마 한편 보는 것 같아 지루하지는 않았지만 별 재미가 없었다.

내용에 비해 글이 너무 지루하게 길었다.

                                                    

                                            

*私達きだったこと : 宮本輝 (미야모토테루)

工業デザイナーをざす昆虫魅入られた写真家のロバ不安神経症

医者愛子美容師として活躍する曜子偶然一つのマンションですことになった

四人まし二組まれるしかしいのせを

しい心根しさのをまきエゴをてて窮極えていく。。

無償青春長編小説

좋아하는 작가의 장편이라 기대했는데 전혀 공감할 수 없는, 이해도 안되는 내용이었다.

그래도 글을 잘 쓰기 때문에 끝까지 읽긴 했다. 머리에도 마음에도 남는 게 전혀 없다.

 

                                             

*奈落偶像(警視庁捜査一課十一係): 麻見和史아자미가즈시)

日本最大繁華街銀座死体遺棄事件発生! 遺体はショーウインドーにされ

現場にはいアルミホイルと畜光テープという不可解手掛かりがされていた.

臨場した如月塔子(きさらぎようこ十一係捜査開始するが世間けるような

残酷反抗なる被害者拉致されてしまうきを武器活躍ねる

女性刑事如月卓拔した捜査能力鷹野熱血漢門脇最年長人情派徳重

情報収集れた尾留川。。。捜査一課十一係<殺人分析班>卑劣犯人辿くことが

できるのか!?

오랜만의 본격 형사물 추리소설이라 기대했는데, 티브이드라마를 보는 듯 하긴 했으나

그다지 재미있지는 않았다.

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

気持良い日  (2) 2018.07.08
私の日記 その九十六  (2) 2018.07.03
일본 소설 메모 (46)   (0) 2018.06.23
私の日記 その九十五  (2) 2018.06.07
私の日記 その九十四  (0) 2018.05.21
私の日記 その九十三  (2) 2018.04.19

댓글을 달아 주세요