私の日記 その九十三   -   잡문 [雜文]/日本語

201841日  

日差しが居間隅々まで

去年にパーマをかけたびて見苦しくなったので大通りの美容院

出掛けた午前予約したわけか私達最初だとかとても親切第一

室内がきれいで気持好大学付近だからだろうか, 店内れる音楽

ラップとポップスでこの両方ともきになりテレビでよくいシンガーの

いているだけに退屈せず二時間ほどをごせた

やがて仕上がった自分がすごく若返ったように我知らず微笑

午後一時ぎたので最寄りの洋食店ハンバーグステーキついでに

散歩がてらちょっとマートまでいたがしぶりの春日差しがすごく

気持好かった.

にわがのテラスをぐと先月出したれていたのでれる

居間鉢一つとついでに室内鉢植えも手入れをしたらもう

だけにこんな些細仕事にもすぐれをソファにげた

うとうとしていると部屋からみかけの眼鏡って

ページしかっていないからんでしまうか

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その九十五  (2) 2018.06.07
私の日記 その九十四  (0) 2018.05.21
私の日記 その九十三  (2) 2018.04.19
私の日記その九十二  (2) 2018.03.31
私の日記その九十一  (0) 2018.03.20
私の日記 その九十   (0) 2018.03.04

댓글을 달아 주세요

  1. 悠(はるか) reply | del   2018.05.15 01:44 신고
    穏やかなお幸せな一日、思わず笑みがこぼれました。
  2. yoohyun reply | del   2018.05.15 20:42 신고
    いつ頃からか美容院も独りでは行けず、冬の間伸び放題になった
    髪を見かねた娘がひっぱってパーマかけに出掛けました。
    覗いてくださりコメントまで! すごく嬉しいです。