私の日記その九十一   -   잡문 [雜文]/日本語

すごく便利になったものででも部屋ったままことが出来

電話ませてしがったのはずっと以前はパソコンと携帯電話だけでオーケーに

なったのだ今日もパソコンでショッピング. マートがさほどくないけれどもまだ肌寒

出掛けるのが億劫なので, メモしていた必要品をパソコンで注文する

だがしくもこの一人でやれないのでであれこれ必要なものを

げる二人暮しでもすぐめばならぬものがなんでこれほどいのか

生活必要品から食料品まで

画面かぶいろんなメーカーの製品からぶのも容易くないったり

げたりしつつどうにかませて支払いだ

パソコンでをやり資金やしていたのもとうの昔話はファンドを現金えて

最寄りの銀行口座方法れてしまい

けないためパソコンに熱中しているとはぎないのかくなり

自分一人では出来ない今日このそれよりもこのれっぽさはどうしよう

昨夜読んだ小説かばず部分みながらつぶやいたものだ

歳取ると馬鹿になるのほんとだなあ。 

'잡문 [雜文] > 日本語' 카테고리의 다른 글

私の日記 その九十三  (2) 2018.04.19
私の日記その九十二 2018年3月30日  (2) 2018.03.31
私の日記その九十一  (0) 2018.03.20
私の日記 その九十   (0) 2018.03.04
私の日記 その八十九   (0) 2018.02.17
私の日記 その八十八   (0) 2018.01.23

댓글을 달아 주세요