[隨筆] 外交は踊る : 崔浩中 [37]   -   번역 [飜譯]/韓日飜譯 [한일번역]

I. 人生

a. がめついがむしゃら」  

人間きる方法々だ瓜二いのとじである故人生きるうことにまっているその, がめつくきるるとえば, がむしゃらにきるどちらもいっぱいきようとする姿勢立派である

々はからしくていほど世間まれていたわけか見方によれば反抗性くもないとえるがめつくてがむしゃらな生活にしみているようだがむしゃらにふるまわないとがめつくすがらないとれない逆境えるためにはそうするしかかったわけだ

がむしゃらにきるとがめつくきるのとどううのだろう? 五十歩百歩ではあろうが何故かがむしゃらなががめついよりいようなじがする

がむしゃらとえばましくて進取的じがするにしてがめついとうと世知辛くて利己的わすようで好感度ちる自分だけをたすために他人はどうなろうがありったけのをだして姿ががむしゃらな姿勢うと個人にはいかもれないけれどもしている社会にはさほど歓迎すべきではいとえてしまう

がむしゃらな他人被害範囲内自分仕事精力姿勢ならばこれがよりましくてじられる

だががむしゃらでもくがめつい生活態度もある々と々ときる姿勢である見方っては無事安逸気儘姿勢のようで反感までもあろうが正直言ってそのようにきる出来ればましいなど生活態度であることを不定

々ときるのんびりきるといって努力などもしないというでは過慾たず分相応をわきまえてまずあわてずいて充実きる態度こそりなくましいのではないかえられた環境仕方無くがむしゃらにまたはがめつくきてたのが々の過去ならば環境変化生活向上にふさわしくより々と々ときてみるのもいではなかろうか

私達かがんだがむしゃらにきようと頑張っていたが。。。」舌打しつつ同情するしかし々ときていたんだらかにきたとはうけれども安価同情はしないんでまで同情けるのは可憐ぎるではないだろうか

がむしゃらに努力七顚八起苦難てついに高等高試合格したもが称賛しつつ経験談してしいと努力評価されるのは当然だがそのような過程ずに容易高等高試合格した頭脳いからでもかっただけでもない々とのんびりと対処した姿勢意外結果をもたらすこともあるとのせてくれるつのでしかない

随分過っただが高等高試合格すると, ある雑誌社でどのようにしてその栄光ったのかその経験いてくれとの依賴があった自分なりの事実いて寄越したが採択されなかった容易高試合格したと威張るのは一生懸命受驗準備をしている々ににもたないとの理由だった真夜中までらずもろくにらず失敗しても挫折せず物狂いで努力した結果ってこそ役立つようだった

苦労しつつきるのみ殊勝気楽きるはそうでいとはある事件がらずてず自信毅然対備した結果って成功をもたらすもあるとのらせてあげてもくはかろうが。。

もわが社会でがむしゃらにへばりつく風潮痼疾化してくのが気掛かりだ政治面にそうだ政権欲一つを社会混乱ようが国民生活弊害をもたらそうが関係しとただがむしゃらにへばりつく政治人なくいようで心配このような政治人政権った場合どんな政治かれるだろうか? 人情味一時逆境まれてたからにはさて権力るってようかといった姿勢でがむしゃらにかるるよりもらかだ

外交同様がむしゃらにくっつく目的達成するのではGive and take敎科書的基本理論げなくとも自分主張だけをそうとすればって損害場合もあるとの々はえきれ程経験して

交渉合意到達しなかった場合マスコミではこれをすぐ決裂表現するしかし正確って未合意であるだけで決裂では合意到達するつの過程んだと悠然姿勢対備すればこちらががむしゃらならばあちらもがむしゃらであるはずそんなでどう円満合意されるのかがむしゃらは決裂につながるとのらかなのだ

々がられるどの社会であれ自己調節機能っているのはいなである人力調節しようとしたならば出来なかった相当入っただろう事事自然けてくのをれる場合不思議もする

わが社会にはがむしゃらにきるがめつくきる々ときる々ときる人等わってしている彼等適当わっているその社会調節機能をきちんと発揮して順調発展をするようになるのだ

々ときようと悠悠自適自分座右銘にしてこのまできてたしてがわが社会発展自分役割したのかにしては全然自信それはっているして々が判断してくれるだろう

b. 能力態度

学校優等生だった学生社会てからも優等生になるいとの言葉々はりにりそれが根拠無しのではなかったとがあるしかし反面学校優秀だったが社会進出してもなるほどうなあと感嘆する場合なく

可能ならば学校でも社会でもずっとちたいとうのがいている欲望ではあるが欲望通りにならないのが世事であることをどうすることも出来ない何事えていたとってえるのではたす要素えねばならぬのが勿論

金溶植外務長官公務員として成功するためには能力態度重要である力說した昇進人事喜悲交々のたせなかった対象者等不満高潮していたある朝会われた金長官訓辞大体次のようだった

もが有能一人状況すると平常態度斟酌しなければならない一口態度うがそのには々があるわけだ一生懸命研究する態度所任そうと努力する態度上司える態度部下する態度同僚協助する態度公務員として市民しくする態度普段端正のこなしとつつましく生活する態度等等々だこのてを綜合して評価した結果をもって優劣する不平失望挫折先立自己反省をせよ」。

その時私昇進対象ではなかったが金容植長官論理いたものだそれから自己反省貴重機会出来

よく々が外務部人達いけれども態度にくわないとエリートだが自分さのみ他人軽視するのでるともすごくエゴイスティックで排他的協助出来ないと勿論全てが妥当だとか根拠あるではいがだとって一考価値さえいともえない. どうしてかようなかれるようになったのかかにえてみてもにならない

従弟んぼをうとくなるとの古言があるると我知らず猜忌わなくじるのが人間生理であるからにはすだけにはばないそれがたとえ根拠反感であるにしても他人がそのような感情かないようにをつけねばならないのは他人よりいとのぐようになる余分負担

海外勤務する末端外交官飛行場当番をする任務つだ星雲いてしい関門いたにやっと外交一線るようになったとしてはむさくるしい雑務であるそれさえ一度たことたまさか高位職いた精錬美など全然目かない高官とか真夜中れた空港まで出掛けてれねばならぬには我知らずのてっぺんまでりがこみ我知らず態度がおだやかでなくなるのも無理ではない荷物がこれほどいのか両手全部持つことが出来ないほどになると不満までつきがるこのようなもぐっとえねばならないそうでなければ態度いとられる自分だけでなく外交官全体悪口かれることになるのだ

明晰頭脳のような性格っていた青年エリート外交官ねるとだんだん性格やかになり態度らぐ現実妥協する相手立場理解する可能になるわば修養経験不足しい誤解をもたらした本意不穏態度円熟した外交官として成長する過程むことになるのだ

その過程順調んでにはるい将来展望榮進かれるそれでもが昇進する自分のみれをしさやずかしさを味合わないでむのだ自分名前かれた新聞人事欄家内子供等父母親友それに後輩等ることになるれることになる

妥協することをらない我執, 讓步することをらない独善抛棄出来ない執念すべてもっともらしくてしかしながらもがそのような態度ではその社会がどうなるだろうか

とある美国大使館発行した生活守則その任地では自動車防禦的運転しろDrive defensively)との句節があるのを共感したことがある交通違反したがやみくもにてもけず自分交通規則通運転するとっていてそのにはねられてとしたなら自分のみえこじの正当性など意味かろう

本当能力優れた自尊心傷付けず卑屈にならずに妥協することをたまには譲歩することもには破棄することも出来生活態度えねばならないそうすることこそ学校社会家庭尚国内外わずどの場所でも優等生役割とが出来るのだ

c. 官運人德

官界れたものの長官にのしがり局長にもがれず官職から退場合があるこんな時前者てよく官運はとえばその性分とか能力がさほどれたとは場合がたまにはあるけれども高位職がる故官運いとの間違いとめられるのだ

人間能力もあるが青雲げずに中途下車する場合るとりなく勿体無がするが官運だと同情しつつめねばならないのはである

人間ではどうしても出来ない場合だとか運命だとかいながら自嘆自慰するのがか人間習性なのだ官運さも人間ってまれためなのでどうあがいても仕方いことだとめにめてしまうなくない

だがこのがなんら努力無しではくならないであるからには自分将来官運にのみけて幸運がひとりでにくのをつとかきにって感受するといった無気力姿勢感心出来ないである

どれほど努力しても不可能場合勿論少なくないが最善くしたにもわらずくいかなかったにそれをすのはいが努力もせずすのは男児として卑怯すぎる態度ではなかろうか

三十六年間公職ながら官運とは人福密接関連があるとえて社会生活うにあたっては出会うことだとえるまず重要なのは同僚りでやる仕事より他人さねばならない仕事いのが社会であるからには真心仕事出来同僚出会うことが重要なのだ同僚って常時協助者であるわけにはいかないには人生旅路競争者になる場合もあるしかし善意競争者自我発展鞭打促進劑役割をするがあるいよりはあるいとられるがただその競争者加害者とか妨害者同僚重要性強度じれるのはまさにこのためだ

部下うのも重要地位がる程多くの部下えることになるが部下をうまく指揮統率することが重要その部下いうまく補筆するがより緊要である王様奸臣猿知恵されてぼし自身をもぼした東西古今歴史じて々はえきれないほどったものだ

部下になった立場れば上司えることが重要最初から上司にはなれない故上司えるのはもが過程であるが上司えるかそうでないのかが官運決定させるとっても過言ではあるまい

人事配置基本原則適材適所という言葉集約出来るが適材適所起用するはまったく上司るのだ上司立場ると能力あり性格優れて自分能動的仕事重要えたい自分をそのような人間てくれる上司出会うと出世くのは当然

ってけるわらず趣向なるうのはないことだ上司える部下々はその上司にすっかりっているが々はられないといった場合々はよくだがらないその当人上司にはすっかりることがあるのでこの世界には説明不可能不思議事柄なくないのだ故良出会わねばならないとか人徳えてまれねばならぬとのをするようになるのだろう

だがじっとえてみればこの事全てがうまくされるかかはった與件よりも自分自身るとの々はっている自分くやれば同僚がうれしがり部下がよく上司信頼してくれるのがあまりにも自明ではなかろうか

同僚出会うのをうことに先立って自身彼等同僚になるようにふるまい上司うのを上司じて使部下になるよう精進する姿勢せればがそのうだろうか

はとえば官運人福まれつきとうよりはずからりつける貴重くて々としてらしくといった心構えならば誰彼むとか薄情必要無気楽一生きることが出来そうだ

댓글을 달아 주세요